B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

カテゴリ:モノ

  • 株式会社能作 デザイン性の高い真鍮の花器や青銅の苔鉢  茶道具や銅像、梵鐘など、古来より様々な分野

  • 九谷焼 鏑木商舗 豪華絢爛な「KABURAKI WINEGLASS」 漆芸や木竹工、染織、陶芸など、日

  • AZIS 石目が細かく、美しい庵治石の原石  四国・香川県で産出さ

  • 照右ェ門窯 株式会社カマチ陶舗 料理は目でも味わうもの。「器」があってこそ料理が冴える 日本の外食産業は多様化し

  • BALMUDA 「BALMUDA」が開発した革命的扇風機!  

  • ストラスブルゴ 東京ミッドタウン店 2013年4月25日、「STRASBURGO」の新旗艦店として東京

  • BANG&OLUFSEN 店舗では「バング&オルフセン」のほぼ全ての製品を体験できる 近年、目覚しい発展を遂げてい

  • minca 新生活のスタートや異動の多い季節。持ち物やデスク周りのアイテムも一新しませんか?  い

  • 山中漆器 小谷口剛 上質な茶道具はほとんどが山中漆器によるもの 日本には、世界に誇る伝統技術が多数存在します。各地の風土と

  • Pen Boutique書斎館 Aoyama 広い店内では、オブジェや宝石のように万年筆を美しくディスプレイ パソコンや携帯電話といったコミュニケーションツールが普及

  • ALTRA ZERO DROP インスティンクトは今春の「ランナーズ・ワールド ベスト・デビュー」を受賞  秋、10月―― 今年もマラソンシーズンがやってきました。

  • サンタ・マリア・ノヴェッラ祇園 京風情豊かなサンタ・マリア・ノヴェッラ祇園。銀座に本店を構える レストラ

  • AERO CONCEPT 精度にこだわりながら、手間暇をかけて職人が製品に息を吹き込む  「壊れたら、修理するより新しいモノを買うほうが早くて安い」 という

  • amadana インテリアと調和する洗練された家電が揃う。2012

  • RIEDEL JAPAN リーデル ヴィノムシリーズ 「カベルネ・ソーヴィニヨン」 ¥3675  ボジョ

  • 銀座 平つか 「ほんの少し」の気持ちを伝えるぽち袋から、豪華な祝儀袋までずら

  • 京都Old&New vol.7 現代社会の中の木版画  京町家の店舗。工房としても活用されている。  カメラやテレビ、ミュージックプレイヤーなど、さまざまなものがデジタル化されていく現代社会。次々と便利なものが開発され、日々の暮らし

  • MILZAKHANIAN(ミルザッカニアン) 究極に柔らかいクロコダイルの革を贅沢に2体使用したショルダーバッグ。ストラップはデタッチャブルになっており、ビジネスシーンではドキュメントケースとして、オフシーンではショルダー

  • JAXSON 朝晩は暑さも落ち着き、温かい風呂が恋しい季節が近づいてきました。日本人の風呂好きは世界にも知られるところで

  • 京都Old&New vol.5 卒業式、成人式、結婚式・・・今や特別な時にしか着ないイメージがついてしまった日本の伝統衣装であるキモノ。しかし、日本の風土や作法に合わせて発展したキモノは、着る人の美しさ

  • 京都Old&New vol.4 知人の家を訪れた時、扉を開けた途端に心地よい香りに出会ったことはありませんか。香りは目にはまったく映らな

  • 山形屋本店 夏と言えば、日本ならではの風情を感じやすい季節。風鈴、浴衣、団扇、花

  • 京都Old&New vol.3 夏の暑さに軽やかな風を送るだけでなく、その末広がりの形状から縁起物としても扱われてきた扇子。紙が貴重だった平

  • 江戸切子の店 華硝 まばゆい光をちりばめて、私たちを魅了するガラス細工 「江

  • 京都Old&New vol.2 西陣金襴の新たな魅力   金襴ベルト 京都の西陣織といえば、着物や帯に使われる最高級の生地。伝統的な工芸品で、何世紀にも渡って受け継がれてきた職人技が今もその価値を支えています。ことわざに「京の着倒れ

  • 京都Old&New vol.14 京の花街周辺にある店に足を運んだ際、店内で白地に朱色の文字が入った団扇(うちわ) を見かけたことがあるのではないでしょうか。 これは 「京丸うちわ」 と呼ばれるもの

  • 京都Old&New vol.13 ひとりに一台パソコンがあり、キーボードを叩きながら仕事をするのが当たり前の時代。文字を 「書く」 という作業は、いつしか 「打つ」 とい

  • 京都Old&New vol.1 京都人にとって、竹は自然に風景にとけ込んだ馴染み深いものです。古来より日本人の生活に大きな役割を果たしてきた竹。その用途には限りが

  • 京都Old&New vol.12  「油断大敵」。これはまだ電気のない時代、照明にしていた灯明の油を断ってしまうと、たちまちあたりが真っ暗になり危険だということ

  • 京都Old&New vol.11 そんな仕事に関わりたいものです。ただ、何もないところからは生まれません。積み上げてきた

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事