B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

 

シェアスペース「Nagatacho GRID」がグランドオープン

 
2017年2月24日、「日本で一番シェアを体験できるビル」として、株式会社ガイアックスの運営のもと、「Nagatacho GRID」が永田町にオープンします。
 
スタートアップ企業からフリーランス、アーティスト、研究者、学生に至るまで、多様な人が“ビジョンや活動を共有するコミュニティ”として開かれた「Nagatacho GRID」。そのコンセプトを体現するように、ビルには地下から屋上にかけて、創造や交流の場として様々な施設やスペースが併設されています。
 
メインとなるシェアオフィスが入っているのは3~5階で、3階の「Labs」は完全個室型でセキュリティを重視する企業向け。4階の「Garage」はガラスで仕切られたオープンな個室空間、そして5階の「MIDORI.so」はメンバーシップ制のワークスペースとなっています。どのフロアもカフェのようなオシャレな内装で、働き方や用途に合わせて利用できるのが特長です。
 
さらに地下と6階、屋上は開放的なフリースペースとなっており、イベントやパーティーの開催も可能。1階には「都会で忙しく働く人に家庭料理を届ける」ことをコンセプトにしたカフェが入っており、3月にはドーナツショップもオープン予定なので、仕事の息抜きやちょっとした打ち合わせにも最適です。
 
入居プランはスペースのタイプや利用人数によって様々。永田町という国の中心地で、枠に捉われず、自由なスタイルで仕事をしたい人たちにとって、全く新しい形のスポットとなりそうです。
 
glay-s1top.jpg
Barカウンターや音響設備を完備のレンタルスペース「Space0」
glay-s1top.jpg
レンタルスペース「Attic」は約300人を収容可能だ
 
Nagatacho GRID
https://grid.tokyo.jp
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事