B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

 

◆洗練された “飲み放題”
   話題の 「フリーフロー」

 
 
130201_ls58ex01.jpg
心のこもったもてなしで世界を魅了するザ・リッツ・カールトン東京
 親睦会や歓送迎会など、お酒を囲むシーンでよく利用される “飲み放題” システム。リーズナブルで使い勝手が良いものの、言葉の響きから、「騒ぎたい若者の宴会向け」「質より量」 といったイメージを抱く人も少なくありません・・・。そんな “飲み放題” に、最近、イメージを一新する新たな流れが生まれているといいます。
 
 高級レストランやホテルのバーのメニューに増えつつある 「フリーフロー」。まだ聞きなれない呼び名かもしれませんが、これこそ、今注目を集めている大人のためのラグジュアリーな “飲み放題” です。フリーフローを実施しているホテルも多く、本格的なフレンチのコースと共に種類豊富なワインを楽しめたり、一流バーテンダーが手がけるカクテルを堪能できたりと、どこも趣向を凝らしたプランがそろい踏み。中でも、気になるのは 「一流のサービス」 と名高い 「ザ・リッツ・カールトン東京」 が提案する 「ウィークエンドブランチ」。なんと、シャンパン「ドン ペリニヨン」 を心置きなく楽しめるプレミアムなプランなのです。
 
 

◆ランドマークを眺め
   ドンペリで喉を潤す

 
130201_ls58ex02.jpg
90分間、「ドン ペリニヨン」をお好きなだけ
 「ザ・リッツ・カールトン東京」 の45階にある 「タワーズグリル」 は、東京タワーとスカイツリーという、二大ランドマークを見渡せる豪華なロケーションのレストランです。ドラマティックな夜景が広がるディナータイムはもちろんのこと、大窓から日差しがたっぷりと差し込むランチタイムも大人気。圧巻の眺望を前に味わえるのは、旬を活かしたオーセンティックなグリル料理。希少な蝦夷豚や黒毛倉石和牛といった厳選食材を用いたグリルが、美食家の舌をうならせています。
 
 現在 「タワーズグリル」 では、毎週土曜、日曜、祝日のみ限定で 「ドン ペリニヨン」 を90分間フリーフローで楽しめるブランチを提供。料理は、シェフズテーブルから選べる前菜に始まり、ミドルコース、寒鰤や鹿児島県産地鶏などを用いたメイン料理、デザートが付いた全4品のコースとなっています。この、福井進料理長が腕によりをかけた料理に華を添えるのが、言わずと知れた最高級シャンパン 「ドン ペリニヨン」。その芳醇な香りと味わいは気品があり、心ゆくまで楽しめるとなれば、週末のゆったりとした午後をプレミアムなひと時に変えてくれること間違いありません。
 
 

◆美酒美食で心を豊かに
   優雅な休日の昼下がり

 
130201_ls58ex05.jpg
天井が高く、昼間は大窓から陽光が射す開放的な「タワーズグリル」
 「ウィークエンドブランチ」 には、「ドン ペリニヨン」 が楽しめる16900円のコースの他、料理はそのままに 「モエ・エ・シャンドン、グラン ヴィンテージ」 がフリーフローとなる11900円のコースもスタンバイ。いずれも11時~14時の時間帯での展開なので、食後もゆったりとカフェで寛いだり、ショッピングを楽しんだりと、ホテルの施設を堪能して帰路についてもいいかもしれません。
 
 夜のアルコールは次の日が心配という方も、ブランチであれば存分に楽しむことができるはずです。1週間の疲れを癒し、鋭気を養うための週末。せっかくなら贅沢なシチュエーションと一流の美酒美食で心をほぐし、豊かな休日を過ごしてみませんか。「ザ・リッツ・カールトン東京」 が誇るレストラン 「タワーズグリル」 のフリーフロープラン。ぜひ一度、試してみてください。
 
130201_ls58ex03.jpg
晴れた日の見晴らしは抜群! ビル群や東京タワーを一望できる
130201_ls58ex04.jpg
週末は一流ホテル 「ザ・リッツ・カールトン東京」 で癒しのひと時を
 
 
 
タワーズグリル
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ザ・リッツ・カールトン東京45F
TEL 03-6434-8711 (予約)
営業時間:6:30~10:30 (土・日・祝~10:00)
                 11:30~14:30 (土・日・祝11:00~14:00)
                 17:30~22:00
 
 (この情報は2013年2月1日現在のものです)
 
 
 
 

 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事