B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

攻めの管理業務で 負動産を優良不動産に
株式会社ULTRA ESTATE 代表取締役 椛澤道博

 
プロフィール 群馬県出身。ハウスメーカーで営業職として10年間勤務。投資バブルでマンションやアパートの建設が盛んになる中、不動産管理が軽視されていることに疑問を持ち、管理に特化した業態で起業を決意。(株)ULTRA ESTATEを設立した。フレッシュな人材を積極的に登用し、若さと機動力を活かした“攻める管理”をコンセプトに、物件に付加価値をもたらす管理サービスを提供する。【ホームページ
 
 
 
日本では築年数が経ったマンションやアパートの価値は下がるが、欧州では逆に高まることがあるという。その違いが生じる原因を「管理の質」と話すのは、株式会社ULTRA ESTATE(ウルトラエステート)の椛澤道博代表取締役だ。不動産経営のおまけ扱いされがちな管理業務に“攻めの意識”を持ち込み、物件に付加価値をもたらすべく誠実に業務に取り組んでいる。その根底にあるのは「オーナー様のより良いパートナーでいたい」という熱い使命感だ。
 
 
 

“攻める管理”に特化した珍しい不動産会社

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 株式会社ULTRA ESTATEさんは、不動産管理に特化した会社だそうですね。椛澤社長はなぜこの業態にしようと考えられたのですか?
 
椛澤 私は起業前、ハウスメーカーに10年間勤務し、アパートやマンションの建築、販売に従事していました。時期的にちょうど、不動産投資が盛んになっていた頃で、首都圏を中心に集合住宅が乱立する様子を間近で見てきまして。その中で、「物件管理の質はどうなのか?」、「築年数が経った物件管理はどうなるのか?」という疑問が生じたんです。それが、管理に特化した形で起業したきっかけですね。
 
矢部 建設ラッシュの一方で生じる、管理面での不安に着目されたわけですね。
 
椛澤 はい。それに加えて、管理による付加価値の創造にも着目しました。欧州では建物が古くなるとリノベーションなどで付加価値をつけて、高い家賃で賃貸に出しています。日本ではいわゆる「負動産」と言われてしまう古い建物も、管理の質次第で優良不動産にできるんです。「攻めの不動産管理でオーナー様の役に立ちたい」と考えたことも、起業の理由ですね。
 
矢部 不動産業界やオーナーさんに対する、椛澤社長の熱い使命感が伝わってきます!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事