B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

婚活とゴルフ事業で 人と人との縁をつなげる
Bell Door結婚/ゴルフカフェ四ツ橋 代表 吉村佳世子

 
プロフィール 大阪府出身。24歳で結婚し、専業主婦となる。その後離婚を考えたことで、起業することを決意。2017年に結婚相談所「Bell Door結婚」を立ち上げた。翌年の2018年にはカフェ併設のゴルフ練習場「ゴルフカフェ四ツ橋」をオープンしたことを機に、ゴルフと婚活を連動させるなど新しい試みにチャレンジし、高い成婚率につなげている。【ホームページ
 
 
 
人生を共に歩むパートナーを見つけて、家庭を築く結婚。相手がうまく見つからない時は、結婚相談所を利用するのも一つの方法だ。持ち前のコミュニケーション力を活かしてBell Door(ベルドア)結婚を立ち上げた吉村佳世子代表は、婚活事業をスピーディに展開しながら、次にゴルフカフェの運営にも乗り出した。それぞれの特徴や2つの事業に取り組むことの利点、また、将来の展望などについて話をうかがった。
 
 
 

結婚相談所とゴルフカフェの二本柱

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 本日は奈良県生駒市にある結婚相談所Bell Door結婚の吉村代表にお話をうかがいます。吉村代表はゴルフカフェ四ツ橋では店長を務めておられるそうですね。最初はどちらの事業からスタートされたのでしょうか?
 
吉村 結婚相談所のBell Door結婚が先で、2017年に立ち上げました。以前から何か事業起こしたいという気持ちがあったものの、若い頃に専業主婦になったため、なんの資格も持ってなかったんです。そこで、学生の頃に友人から恋愛相談を受けることが多かったこともあり、自分のおせっかいな性格を活かせそうな、結婚相談所をつくろうと思い立ちました。
 
タージン もともとの面倒見の良さを活かすべく、思い切った決断をなさったのですね! とはいえ、未経験から始められたとなると、集客は難しかったのではないですか?
 
吉村 おっしゃる通りです。起業した当初は会員様が少なかったこともあり、データを共有でき、多くのお相手を紹介できる結婚相談所の連盟に加入しました。やがて依頼者様も増えて成婚率も順調に上がってきたので、翌年の2018年にはゴルフカフェ四ツ橋をオープンしたんです。
 
タージン ゴルフはもともとお好きだったのですか?
 
吉村 実は、違うんです(笑)。たくさんの方の協力やご縁のおかげでゴルフカフェを始め、そこから自分もゴルフをするようになりました。
 
タージン ゴルフカフェのほうが先だったとは意外でした! それにしても、吉村代表の瞬発力が伴った行動力には、頭が下がりますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事