B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

スペシャルインタビューSPECIAL INTERVIEW

20160601sp_71ex01.jpg
 

時代の先端を駆け抜けるには
まず己を知ることから始めよ

 
辛口のファッションチェックをするコメンテイターとしてテレビ番組に登場後、一般にもその名を広く知られるようになったファッションデザイナーのドン小西さん。タレント活動をする以前は、オリジナルブランド「FICCE(フィッチェ)」をブレイクさせ、東京、ニューヨーク、ミラノでコレクションを発表するなどの成功を収めた。いっぽう、バブル崩壊の煽りを受けて事業が傾き、多額の借金を抱えて返済に奔走した苦い経験も持つ。そんな波乱万丈な人生を送ってきたドン小西さんが語る言葉は、様々な示唆に富んでいる。
 
 

仕事を楽しむとは?

 
 仕事をするって基本的には苦痛なものだよね。僕は人間って本質的に、みんな怠け者だと思うから。でも、社会のルールやしがらみがある中で、なんとか折り合いをつけて生きていくためにみんな頑張っている。だから、やるべきことをきちんとやり切って満足感が得られた時に、仕事をすることに喜びを感じられるものなんだろうね。
 
 一流のアスリートが本番直前に「この試合を楽しめればいい」というコメントをすることがあるけど、あれは様々な失敗や苦労をしながら結果を出してきた、実績のある選手だから言える言葉だと思う。だって、「仕事は楽しめればいい」なんて、何の結果も出してない新入社員が言っちゃったら変でしょ? 仕事を楽しむっていうのは、葛藤しつつ苦労を重ねた経過の中から生まれてくる喜びなんだから。
 
 下降する時も上昇する時もあるけど、人生はその振れ幅が大きければ大きいほど、おもしろいものになるのだと僕は思っている。振れ幅の大きさが、その人の人生の濃度を表すわけだからね。 
 
20160601sp_71ex02.jpg
 
 
 
 

スペシャルインタビュー ランキング

バックナンバー

最新記事

話題の記事