B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

酒粕に新たな価値観をプラス 体が喜ぶおいしい発酵フード
Hacco to go!

◆完全植物性の発酵食!
 栄養豊富な酒粕に注目

 
glay-s1top.jpg
日本酒づくりの副産物である酒粕
glay-s1top.jpg
栄養たっぷりの酒粕は日本古来のスーパーフード
2021年に入り、各地で大雪となるなど、寒い日が続いています。加えてコロナ禍による緊急事態宣言もあり、外出を控え、テイクアウトや取り寄せグルメなどを楽しみながら、自宅でゆっくりと過ごす時間もまた増えたのでは? こうした状況から、食事などを見直し、健康管理の意識を新たにした人も多いことでしょう。せっかくなら、栄養価の高いものをおいしく食べて、毎日健やかに過ごしたいもの。そこであらためて注目したいのは、日本古来の食生活です。
 
その一つとして、ピックアップするのは「酒粕」。日本酒をつくる過程で、発酵した米を絞ってできる液体が「清酒」、残った固体が「酒粕」であり、日本では古くから粕汁や甘酒にして親しんできました。近年は糀からつくる甘酒が「飲む点滴」として注目を集めていますが、実は酒粕も栄養豊富で、美容や健康にもさまざまな嬉しい効果が期待できると言います。
 
発酵と醸造、2つの菌でつくられた栄養満点のスーパーフードでありながら、保管しづらいなどの理由で食品の流通に乗りにくいため、これまであまり商品化されていなかった酒粕。そんな酒粕の価値を見直すべく、株式会社FARM8では研究を進め、新潟県醸造試験場などの協力を得て酒粕レシピを開発し、完全植物性の優れた発酵食・酒粕の魅力を広めるべく、「Hacco to go!(ハッコー トゥ ゴー)」を立ち上げました。現代のライフスタイルにマッチし、手軽においしく酒粕を楽しめる個性豊かなメニューをご紹介します。
 
 

◆ファストフード感覚で楽しめる
 新感覚の酒粕メニューが続々と

 
glay-s1top.jpg
乳酸菌ウオヌマ株で酒粕を再発酵!
酒粕には、体に嬉しいさまざまな成分が含まれています。例えば、酒粕や日本酒特有の「α-EG」という成分は皮膚真皮層のコラーゲン量を増やすことを学術的にも証明されているほか、美白に有効とされる成分も豊富に含まれているため、まさに「飲む高級美容液」と言えるでしょう。ダイエット中の人やコレステロールが気になる人の強い味方である食物繊維の機能を持つタンパク質「レジスタントプロテイン」や、慢性的な貧血などの人に嬉しい「葉酸」もたっぷり。麹菌や酵母の細胞壁に含まれる成分には免疫力をアップさせる効果があるとも言われ、さらに脳梗塞や動脈硬化の原因となる血栓を溶かすプラスミノーゲン等の成分も多く含むなど、生活習慣病の改善にも効果が期待されています。
 
美容と健康のために、日常的に摂りたい酒粕。Hacco to go!では、従来の酒粕の古いイメージを打破し、ファストフードのように手軽におしゃれに楽しめるメニューを展開しています。実店舗では、コシヒカリで有名な魚沼地区の雪室に保存されていた漬物から見つかった「乳酸菌ウオヌマ株」で酒粕を再発酵させてつくったドリンク「発酵シェイク」を提供。爽やかな甘味と酸味で飲みやすく、忙しい中でも手軽に栄養をチャージできる逸品です。
 
glay-s1top.jpg
酒粕が健康的でおしゃれなドリンクに
glay-s1top.jpg
植物性の素材でつくられた発酵ジェラート
 
glay-s1top.jpg
料理にも使いやすい「酒かすパウダー」
glay-s1top.jpg
お湯や紅茶にひとさじ!「ゆず甘酒」
glay-s1top.jpg
牛乳と相性抜群の「ココア甘酒」
 
ギフトとしても人気の「発酵ジェラート」は、乳製品不使用、主原料は酒粕なのにフローズンヨーグルトのような味わい。プレーンのほか、ストロベリー、ショコラ、レモン、ピーチなど5種のフレーバーがそろうので、日替わりで食べるのが楽しみになりそう。また、栄養はそのままに、酒粕をパウダー化した「Hacco Cafe」の酒粕カフェシリーズを使えば、料理や飲み物に溶かすだけで自宅やオフィスでも手軽に発酵を取り入れることができます。料理の味を邪魔しないプレーンのほか、「ゆず甘酒」や「ココア甘酒」といったフレーバーもあるので、好みの味をストックし、毎日続けてみてはいかがでしょうか。
 
 

◆酒粕の古臭いイメージを変え
 新しいポジションを確立

 
glay-s1top.jpg
注目の乳酸発酵日本酒リキュール「FER」
ヨーグルトのようにもチーズのようにも変化する、植物性の発酵食・酒粕。シェイクやスムージー、スイーツのような手軽なメニューを通じて、今後は酒粕が街中で口にしていても違和感がないポジションを確立していくはず。今後もどんなメニューが登場するのか、Hacco to go!の展開から目が離せません。
 
このほか、株式会社FARM8の子会社である株式会社FERMENT8では「SAVE OUR SAKE」をテーマにした酒蔵が未来に残るための活動の一環として、乳酸菌ウオヌマ株で再発酵した酒粕を使用した乳酸発酵日本酒リキュール「FER(ファー)」を開発。2020年12月に販売をスタートしました。ヨーグルト甘酒のようなまろやかな酸味と甘み、旨味があり、さらにフルーツが加わった新感覚の日本酒リキュールとして、早くも人気上昇中です。
 
コロナ禍であらためて気付いた健康の大切さ。毎日楽しみながら続けられる健康維持の一つとして、ライフスタイルに酒粕を取り入れてみませんか? 手軽においしく、酒粕の発酵パワーで美しく健康に。さらなる可能性を秘めた日本古来のスーパーフードに、あらためて注目です! 
 
 
 
Hacco to go!
https://farm8.jp/hacco-to-go/
FER
https://fer.ferment8.jp/
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事