B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆アウトドアブランド「LOGOS」が
 京都府城陽市とコラボレーション

 
glay-s1top.jpg
LOGOS LAND内のホテル「プラムイン城陽」
今年は梅雨入りが遅れていた地域も多く、夏らしい気候を待ちわびた人も多いかもしれませんね。間もなく世間は夏季休暇。日頃はオフィスでパソコンと向き合うのに大忙しのビジネスパーソンも、休暇中はアウトドアで思い切り羽を伸ばすことで、いいリフレッシュになるのではないでしょうか。しかし、キャンプやBBQの場合、予定が天候に左右されることもあるうえ、機材を持っていない初心者にとっては少々ハードルが高いレジャーといえます。
 
そんな悩みを解消し、アウトドアレジャーを思い切り楽しめる注目スポットが、京都府城陽市にある総合アウトドアレジャー施設「LOGOS LAND(ロゴスランド)」です。名前にあるとおり、この施設は人気アウトドアブランド「LOGOS」が城陽市とコラボし、鴻ノ巣山運動公園内の宿泊施設をリノベーションしたもの。施設総面積は東京ドームおよそ2個分の広さを誇り、「外で、食べて、遊んで、泊まる」のコンセプトのもと、キャンプ体験ができる宿泊施設やアウトドア料理が楽しめるカフェなどがそろっています。
 
2018年6月に誕生以来話題を集め、2019年6月29日には新たな宿泊施設やBBQ施設も加わり、第二期オープンも迎えました。この夏大注目の、アウトドアの楽しみが凝縮したLOGOS LANDをご紹介しましょう。
 
 

◆雨でもテントに宿泊できる!?
 キャンプスタイル対応のホテル

 
glay-s1top.jpg
プラムイン城陽のテント部屋。屋内でキャンプ気分満喫!
いつもの食卓とは違ったアウトドア料理や、テントでの宿泊など、キャンプの非日常感には大人も子どもも心が躍るもの。LOGOS LANDには、そんなワクワク感を、雨の日でも、道具を持っていなくても楽しめる、夢のようなホテルがあります。
 
「プラムイン城陽」と「アイリスイン城陽」、2つのホテルの客室はそれぞれキャンプスタイルに対応。テントやタープが張られたタイプの部屋は、寝具もシュラフを利用するなど、屋内にいながら本格的なキャンプ気分が味わえます。テント部屋以外にも、プラムイン城陽には2段ベッド部屋やバリアフリー対応の特別室があるほか、3階にはBBQが楽しめるテラスも。1階にある「ロゴスファミリーレストラン」では、LOGOSのスキレット、ホットサンドパンを使ってつくったオリジナルのメニューも充実しており、ワンランク上のアウトドアを満喫できるとなれば、キャンプ初心者垂涎もの。もちろん、キャンプ好きにとっても、大満足のはずです。
 
glay-s1top.jpg
ロッジのような二段ベッドの部屋も
glay-s1top.jpg
広々としたロゴスファミリーレストラン
glay-s1top.jpg
のびのびと使えるフリースペース
 
6月末にオープンしたばかりのアイリスイン城陽は、客室や中庭テラスでのプライベートBBQが可能。また、京都初となるLOGOS直営のショップやカフェも併設しており、早くも話題に。ショップやカフェは宿泊者以外も気軽に立ち寄ることができるので、ぜひチェックしてみてください。
 
glay-s1top.jpg
アイリスイン城陽のキャンプサイトタイプの室内
glay-s1top.jpg
アイリスイン城陽内には、京都初となるLOGOS直営店も
 
 

◆手ぶらで気軽に本格BBQ
 さらなる進化に目が離せない!

 
glay-s1top.jpg
二期オープンでお目見えした、LOGOS BBQスタジアム
6月末の二期オープンでは、アイリスイン城陽以外に、全26区画の屋外BBQサイト「LOGOS BBQスタジアム」も営業が始まりました。食材を用意してくれるプランや食材持ち込みプランが選べ、すべて飲み放題付き。追加メニューも豊富にそろっています。
 
広いLOGOS LAND内には140mのローラースライダーやふわふわドームなど、体を動かして遊べるエリアもあるので、子どもから大人まで1日中楽しめることでしょう。ピクニック用にLOGOSのサンシェードや防水のレジャーシートなどのアイテムをレンタルできる点も便利。ショップで購入前に使い心地を試してみたい・・・という場合にもぴったりです。
 
glay-s1top.jpg
大人気の遊具「ふわふわドーム」
glay-s1top.jpg
さまざまなワークショップが開かれているので要チェック
 
休日には多彩なイベントやワークショップも開催するなど、アウトドアの可能性を広げ、さまざまな楽しみ方を提案してくれるLOGOS LAND。今後は第三期オープンとして、ラグジュアリーなキャンプが楽しめるグランピングエリアも開業を予定しているとか。アウトドアレジャー初心者も熟練者も、さらに進化を続けるLOGOS LANDで思い切り遊びつくしましょう。
 
 
 
LOGOS LAND
https://logosland.jp/
〒610-0121 京都府城陽市寺田大川原24-4
TEL 0774-58-0010(プラムイン城陽)
定休日 不定休
営業 施設により異なる
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事