B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆福島県羽鳥湖高原に 
 中世英国の街を再現

 
glay-s1top.jpg
都心から約2時間半で、中世の英国に留学体験ができる!?
世界共通言語と位置づけられ、グローバル化の進む日本においても不可欠な英語。今や小学校でも必修科目となっています。とはいえ、日常生活で使う機会がなければ、英語が堪能な人でも感覚が鈍ってしまったり、そもそも「会話となると自信がない」という人は上達の機会がなかったり・・・ということも少なくないでしょう。
 
スキルアップのために英語力を磨きたい。せっかくなら、異文化も体験したい。そうは思っても、実際に海外に行くとなると、忙しいビジネスパーソンはスケジュールを調整するにも一苦労ですよね。パスポートも持たず、気軽に週末留学できればどんなにいいか。実は、そんな理想の場所が福島県にあります。
 
東京から約2時間半――。福島県にある羽鳥湖高原は、スコットランドのハイランド地方に近い風土を持つと言います。その森の中、7万3000坪もの広大な敷地を誇る「British Hills(ブリティッシュヒルズ)」は、中世の英国の街を忠実に再現した施設。ここでは滞在を通じて、語学はもちろん、さまざまな英国文化を体験することができるのです。
 
 

◆英国文化を体感できる
 本物にこだわった環境

 
glay-s1top.jpg
非日常を感じられる、中世の英国を再現した美しい街並み
glay-s1top.jpg
マナーハウスのエントランスはヴィクトリア時代そのもの
ブリティッシュヒルズは、日本で英国文化を体験できる語学研修施設として神田外国語大学・神田外語学院を運営する学校法人佐野学園が設立。「英語を学ぶということは、英国文化を学ぶこと」という考えのもと、英国がもっとも世界に影響力を持った中世をフィーチャーし、荘園領主の館、いわゆるマナーハウスを中心とした当時の街の様子を忠実に再現しました。夏は涼しく冬は雪に染まる気候や、朝晩に出る霧も相まって、まさに“パスポートのいらない英国”がそこには広がっています。
 
広大な敷地内にはマナーハウスやゲストハウス、パブなどさまざまな建物が並び、それらの建築資材は、すべて英国から取り寄せたものという徹底ぶり。「疑似の研修では意味がない」と“本物”にこだわり、建築様式からインテリアまで時代考証に基づき設えられています。
 
9つのゲストハウスは、中世英国にタイムスリップしたかのようなクラシカルな部屋を擁し、実際に宿泊が可能。このほか、施設内では英国風景式ガーデン散策、スヌーカーやテニスを楽しむことができ、パブではオリジナルビールやフィッシュアンドチップス、アスコットでは昼はアフタヌーンティ、夜は本格英国家庭料理を味わうことも。施設スタッフには英国出身者が多数在籍しているので、滞在を通じて外国人スタッフと自然にコミュニケーションをとれるのも嬉しいところ。週末の短期間でも、存分に“本物”の英国を肌で感じることができるでしょう。
 
glay-s1top.jpg
スチュワート様式のゲストハウス「レン」
glay-s1top.jpg
スタンダードなゲストルームの一例
glay-s1top.jpg
猫足のバスタブや洗面台の装飾も優雅
 
glay-s1top.jpg
英国の街角にあるパブの雰囲気と共にオリジナルビールを
glay-s1top.jpg
フィッシュ&チップスをはじめ、英国の定番料理がそろう
 
 

◆体験を通じて楽しく学ぶ 
 充実のカルチャーレッスン

 
glay-s1top.jpg
英国発祥のキュースポーツ「スヌーカー」のレッスンも
ブリティッシュヒルズでは、英国の文化を感じるだけでなく、しっかりと英語を学べるのも大きな特長。ゲームやフィールドワークを取り入れた英会話レッスンをはじめ、楽しく伝統文化を体験できる英語カルチャーレッスンを開講しています。日本では希少な英国サーストン社製のテーブルでのスヌーカーや伝統的な手芸品の制作体験・ブリティッシュクラフト、おしゃれな飾り文字を習得できるカリグラフィー、スコーンやショートブレッドをつくるクッキングと、その内容は多種多様。いずれも外国人教員が英語で指導するため、ヒアリングのレッスンにうってつけです。
 
glay-s1top.jpg
クッキングは、料理をしながら楽しく英語に触れられる
glay-s1top.jpg
飾り文字「カリグラフィー」の基礎を覚え、カード制作に挑戦
 
旅行気分でカジュアルに英語に触れられるプラン以外に、1日どっぷりと英語漬けになれる本格的な英語研修プログラムも充実。企業や学校を対象としたもののほか、1泊2日から長期まで、グループでも1人でも参加できる研修「Highland Life(ハイランド ライフ)」なら、自分の目標に合うプログラムで、ちょっと高めのレベルにチャレンジする楽しみもあります。
 
旅行を兼ねて楽しく異文化を学びたい、留学前のお試しがしたい、スキルアップのために英語力をしっかり鍛えたい。さまざまなニーズにマッチするブリティッシュヒルズ。これからますます必要とされるであろう英語に、少しでも興味があれば、まずは気軽にパスポートのいらない週末留学から始めてみてはいかがでしょうか。
 
 
British Hills
〒962-0622 福島県岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-8
TEL 0248-85-1313
https://www.british-hills.co.jp
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事