B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

 

◆食とアートが融合!
体感型のレストラン

 
glay-s1top.jpg
地下1階のメインスペース。演出を体感しながら料理が楽しめる
皆さんはレストランで食事というと、どんなスタイルを思い浮かべるでしょうか。パーティーやビュッフェではない限り、普通は一度テーブルに案内されたら着席したまま、順番に出てくる料理を楽しむ様子をイメージしますよね。でももし、固定の席に捉われず、音や照明、映像と共に、料理を空間ごと楽しめるレストランがあったとしたら・・・。
 
まさにそんな、食事の概念を塗り替えるような、まったく新しいレストランが今年7月、東京・代々木公園のほど近くにオープンしました。それが、TREE by NAKED yoyogi park(ツリーバイネイキッド ヨヨギパーク)です。
 
同店をプロデュースするのは、アーティストの村松亮太郎氏が率いるクリエイティブカンパニー、NAKED Inc.(ネイキッド)。映像ディレクターやデザイナー、CGディレクターらが集まるクリエイター集団で、プロジェクションマッピングをはじめとした映像技術や美術造作、光を使った演出などを駆使して、様々な空間をつくりあげています。これまでに手がけたイベントやショーの動員数は通算150万人以上にも上る人気集団が、飲食店をプロデュースしたらどんな空間が生まれるのか──。その期待を形にしたのが、新しいライフスタイルを提案するプロジェクト、TREE by NAKEDであり、その一環で“食とアート”が融合したレストランの旗艦店として誕生したのが、TREE by NAKED yoyogi parkなのです。
 
glay-s1top.jpg
 
 

◆多彩な空間演出で
食事をアートへと昇華

 
glay-s1top.jpg
2階のデザートスペース。室内は“森の実験室”をテーマに美しく飾られている
食とアートが融合し、料理を空間ごと楽しめるレストラン・・・。そう聞いても、まだピンとこない方が多いと思います。なのでここからは、実際にどんな魅惑の食体験ができるのか、その詳細をご案内しましょう!
 
TREE by NAKED yoyogi parkが通常のレストランと違うのは、物語に沿って、部屋を移動しながらお酒や料理を味わうスタイルだということ。人生や生命、宇宙の誕生など、「LIFE」をテーマに綴られる物語を追うように、1階のエントランスから地下1階のウェイティングルーム、同じ階のメインスペース、そして2階のデザートスペースへと移動していきます。
 
各階では映像や照明、音楽と共に物語が展開し、テーマに沿ってコース料理が登場。もちろん、普通にサーブされるわけではありません。VRゴーグルを装着して体験する仮想現実にリンクするタイミングで料理が出てきたり、蓋の中から本物の煙と投影された映像の煙と共に、料理が現れたり。はたまた、プロジェクションマッピングで映し出された魚がお皿の上で泳ぎまわったり・・・。想像するだけでも、わくわくするような演出が盛りだくさんなのです! 
 
glay-s1top.jpg
投影される映像が、肉料理に文字通り花を添える上品な一品
もちろん演出同様、料理も魅力に溢れています。監修を務めるのは、渋谷区初台にあるブルックリンスタイルのレストランカフェ「HOFF(ホフ)」で、前菜2種、魚料理1種、肉料理2種の計6種のメニューを季節ごとに考案。ペアリングドリンクをつければ、各料理にぴったりのお酒も5種楽しめます。デザートは、パリ発のスイーツブランド「HUGO&VICTOR(ユーゴアンドヴィクトール)」とのコラボレーションのもと、「禁断の果実」をテーマにした三段重のデザートが味わえます。そしてそのどれもが、物語と演出に合致するよう趣向を凝らして調理し盛り付けされたもの。つまり、料理と物語、演出が一体となって、幻想的で夢のような世界をつくりあげているわけです。
 
glay-s1top.jpg
注がれた光がお皿に反射して美しさを演出
glay-s1top.jpg
蓋の中から煙と共に、肉料理が出現!
glay-s1top.jpg
三段重で提供のデザート、「禁断の果実」
 
 

◆食とアートとの
つながりを日常に

 
glay-s1top.jpg
テーブルに注がれた光が、木漏れ日のよう
TREE by NAKED yoyogi parkは、食とアートを存分に味わってもらいたいという思いから、18:00と20:30スタートの1日2回転で、1回につき8名限定で営業しています。このテーマパークのアトラクションのような回転の仕方も、通常のレストランとは違って、特別感を与えてくれます。
 
TREE by NAKEDのプロジェクトでは、同じく食とアートの体験型レストランとして、岐阜県多治見市に「TREE by NAKED tajimi(ツリーバイネイキッド タジミ)」を今年10月11日にグランドオープン。山や河川に囲まれた自然豊かな多治見市らしく、店内も森を模していて、プロジェクションマッピングや映像演出によって春・夏・秋・冬の ”4 seasons(四季)”の移ろいを感じられる仕掛けになっています。また、多治見市のある東濃地方は陶器やモザイクタイルなどの焼き物文化で日本一の生産を誇ることから、タイルをあしらったテーブルやセラミックのお皿を使っているのだそう。料理も岐阜県の名産を使ったメニューが味わえるので、まさに岐阜をまるごと堪能できるような空間に。
 
glay-s1top.jpg
marunouchiで提供されるホットドックは、見た目にもおいしい
さらにTREE by NAKEDでは、東京・丸の内にテイクアウト型のショップ、「TREE by NAKED marunouchi(ツリーバイネイキッド マルノウチ)」も展開。丸の内で忙しく働く人たちに“片手で味わう美味しさ”を提供したい、という思いから、こだわりのホットドッグを提供しています。隣には丸ビルと新丸ビルをつなぐ地下通路のギャラリースペース、「行幸地下ギャラリー」があるので、お店に足を運ぶ度にアートを楽しめるのも特長です。
 
レストランでは、食とアートを全身で感じられる忘れられない体験を、テイクアウトショップでは、日常的に食とアートとの接点を提供してくれる、TREE by NAKED。食事を通して味覚と嗅覚、触覚を使い、さらにアートで視覚や聴覚を使えば、五感がフルに刺激されて、感覚が研ぎ澄まされるはず。芸術と美食の秋に、ぜひ訪れてみてください。
 
glay-s1top.jpg
tajimi店の内観。壁にはプロジェクションマッピングで投影された森が広がる。演出による幻想空間への没入感をぜひ楽しんでほしい
 
 
TREE by NAKED
http://naked-inc.com/project/treebynaked
 
TREE by NAKED yoyogi park
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-10-2
TEL 03-6804-9038/FAX 03-6804-9039
営業 17:30~23:00(第1回 17:30~19:30 / 第2回 20:00~22:00)
定休日 不定休
https://treebynaked.jp
 
TREE by NAKED marunouchi
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内駐車場
TEL 03-5208-1201/FAX 03-5208-1202
営業 10:00~21:00
定休日 なし
https://treebynaked.jp/marunouchi
 
TREE by NAKED tajimi
〒507-0037 岐阜県多治見市音羽町1-70-4
TEL 0572-56-0160
営業 11:00~17:00/17:30〜22:00
定休日 なし
hhttp://tajimi.treebynaked.jp
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事