B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

南国・沖縄で体感する
世界最高峰のおもてなし

 

◆豊かな自然を肌で感じる
   至福のリラクゼーション

 
120701_ls45-ex05.jpg
スパのエントランスデザイン。降り注ぐ木漏れ日のような光が眩しい
 今回、施設で最も注目を集めているのは、ホテルと別棟に設けた 「ザ・リッツ・カールトン スパ by ESPA (エスパ)」。ホテル棟から続く庭園の先に現われるスパには、カフェや風化珊瑚タイルの岩盤浴、フィットネスジムといった充実の設備が揃う他、大自然の力を全身に感じられるような贅沢なロケーションが魅力となっています。施設は周りを取り囲む “やんばるの森” の緑と調和する荘厳なデザイン。ほぼすべての共有スペースとトリートメントルームからはやんばるの森の景観を見渡すことができ、森の中にいるような感覚を味わえます。自然の中で過ごす静かで穏やかなひと時は、緊張やストレスから心身を開放してくれることでしょう。自然のエネルギーに触れてリラックスした心と体には、ESPAのトリートメントがより効果的に感じられるはずです。
 
120701_ls45-ex06.jpg
トリートメントルームの目の前には、やんばるの森が広がっている
 世界中で愛されているESPAは、イギリス発のラグジュアリースパブランド。植物エキスや海藻から得られるマリンアクティブを取り入れた製品による、ナチュラルでクオリティの高いトリートメントが、日頃の疲れをリセットしてくれます。日本では “スパ” に対してエステのようなイメージを持つ人もいますが、ここでは本来のボディトリートメントを目的としたメニューが豊富に揃っているのも嬉しい限り。フェイシャルやボディトリートメントの他、ハワイアンマッサージからヒントを得たオリジナルの 「ロミアイランド・マッサージ」 や森林の中で体験する 「オキナワンマッサージ」 といったメニューも充実しています。スパに慣れていないという男性も、ゴルフ後の疲れを癒す 「ゴルファーズトニック」、ストレッチを組み合わせたマッサージ 「ストレスバスター」 など、ぜひ試してみてください。
 
 

◆日本国内で満喫できる
   本物のラグジュアリーリゾート

 
120701_ls45-ex007.jpg
客室から屋外プールへアクセス可能なカバナルーム
 リゾートというと、どうしても海外へと意識が向かいがちな日本において、「トータルリラクゼーションを提供する、“本物のラグジュアリーリゾート” を国内で体験してもらいたい」 と、吉江潤総支配人。
 
 名護湾の美しさや雄大な自然、温かなおもてなしの心といった、沖縄という土地の魅力を最大限に活かした施設、ザ・リッツ・カールトン沖縄。寛ぎの時を求めて訪れるお客様、一人ひとりの記憶に残るサービスを提供してくれること間違いなし。なぜなら、新たに沖縄で採用したというスタッフたちにも、ザ・リッツ・カールトンのクレド(信条) は共有されているからです。
 
 次のバカンスは国内に目を向け、環境、食、サービス、癒しの要素がすべて揃うザ・リッツ・カールトン沖縄に、ぜひ足を運んでみてください。
 
120701_ls45-ex08.jpg
 
 
 
ザ・リッツ・カールトン沖縄
沖縄県名護市喜瀬1343-1
TEL 0980-43-5555
 
 (この情報は2012年7月1日現在のものです)
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事