B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

1011116_b0031_mb01.jpg 
 

◆ コーヒーハンターが選んだ
    心をほぐす極上の一杯を

 
1011116_b0031_ex01.jpg
 
 2011年も残すところわずかとなり、慌ただしい日々を送っている方も多いかと思います。皆さん、「年末年始は、ゆったりと過ごしたい」 なんて思い巡らしているのではないでしょうか。自宅で香り高いコーヒーを味わいながら、家族と語らったり、趣味に耽ったり・・・想像するだけでも贅沢な気分になれるひと時です。「コーヒーブレイク」 という言葉があるように、コーヒーの香りには緊張をほぐし、気分転換させる効果があるのだとか。
 
 コーヒーの世界は実に奥深く、豆の産地、焙煎方法、淹れ方によって味も香りも全く異なります。そんなコーヒーを心から愛し、栽培技師として世界中の農園をめぐる “コーヒーハンター” 川島良彰氏。川島氏は 「本当においしいコーヒーを、多くの人に知ってほしい」 という思いで 「Mi Cafeto (ミ・カフェート)」 を立ち上げ、品質を追求したこだわりの豆を提供しています。今回は、何気ない休息時間も上質な癒しの時に変えてくれるMi Cafetoのスペシャルなコーヒーをご紹介しましょう。
 
 

◆ 世界最高基準のコーヒー
    「Grand Cru Café」

 
   1011116_b0031_ex02.jpg
 
収穫期ピークの完熟豆。熟練の摘み手が丁寧に選別し摘み取る
   1011116_b0031_ex03.jpg
 
機械による豆のダメージを防ぐため、スタッフがハンドピックを行う
 2008年の設立時に誕生したのが、究極のコーヒー 「Grand Cru Café」。「コーヒーのためにできることは全てやる」 をコンセプトに、川島氏の35年という経験を集約した厳しい規格をもって生み出された逸品です。パナマやグアテマラなど、各国の優れた農園の中でも特級畑の豆のみを使用し、選別から保管に至るまで、製造において一切妥協がありません。
 
 コーヒーの豆は、焙煎すると炭酸ガスを発生します。従来の一般的なコーヒーの包装は、発生したガスによる包装の破裂を防ぐためにガス抜きを必要としますが、炭酸ガスと共にコーヒーの豊かな香りまで奪ってしまっていました。問題を解決すべく試行錯誤を繰り返した結果、生まれたのはシャンパンボトル入りのコーヒー。ボトル内の酸素量を1%以下にしてコルクを閉じることで、コーヒーから発生する炭酸ガスが充満し、豆の鮮度や香りを閉じ込めることが可能になったのです。高級感溢れるパッケージで目を引くだけでなく、ボトルを開栓した瞬間に広がる芳しいアロマやフレッシュな味わいは、多くのコーヒー好きを魅了し続けています。
 
 また、「Grand Cru Café」 と同じ加圧包装のスタイルながら、ポップなペットボトルで登場したのが 「COFFEE HUNTERS」 シリーズです。各国の希少なコーヒーを多くの人に広めるプロジェクトとして誕生したこのブランドは、新たなコーヒーの可能性を広げてくれる存在と言えます。そして、2011年9月にデビューしたのが 「Premier Cru Café」。「Grand Cru Café」 を生産する農園を中心に、環境の良い別の畑や異なる品種を紹介する新ラインです。今後、「Premier Cru Café」 から様々な銘柄が登場するとのことで、目が離せません。
 
1011116_b0031_ex004.jpg
世界最高峰のコーヒー 「Grand Cru Café」
1011116_b0031_ex005.jpg
「COFFEE HUNTERS」 ¥3000~
1011116_b0031_ex006.jpg
「Premier Cru Café」 フルボトル1本¥5250
 
 

◆ ワインを楽しむように
    コーヒーの世界にも広がりを

 
1011116_b0031_ex007.jpg
3農園の味を飲み比べ。「Grand Cru Caféサンプラーセット」 ¥3900
  Mi Cafetoには 「コーヒー文化をワイン文化にまで高めたい」 という願いがあります。コーヒーも、ワインのように生産年の気候や生産者の思想によって様々な表情を見せてくれるのです。まずは一度 「Grand Cru Caféサンプラーセット」 で確かめてください。異なる3農園で栽培された同じ品種を飲み比べてみれば、その差は歴然。コーヒーの可能性の広がりを感じられることでしょう。
 
 これらのコーヒーは、オンラインショップや、一部のギフトサロンでも購入可能です。「Grand Cru Café」 は、在庫に限りがあるため、マンスリーデリバリーサービス、もしくはコーヒーセラーオーナーズにて販売中。購入した生豆をセラーで管理し、注文のたびに焙煎してくれるコーヒーセラーオーナーズプランには、コーヒー好きの著名人にもオーナーが多いとか。また、「自分で淹れるには自信がない」という方は、カフェとして開放しているMi Caféのラウンジへ。最高のコンディションのコーヒーと、好相性なスイーツもスタンバイしています。
 
 スタイリッシュかつ、ラグジュアリーなMi Cafetoのコーヒー。自分自身の楽しみとしてはもちろん、ギフトにも喜ばれること請け合いです。この冬、プレミアムなコーヒーの世界を体験してみませんか。最高の味と香りが、あなたの豊かな時間を約束します。
 
1011116_b0031_ex08.jpg
プロが淹れた「Grand Cru Café」を味わえるカフェ。1杯¥1200~
1011116_b0031_ex09.jpg
生豆を管理するコーヒーセラー。カフェからもその様子がうかがえる
 

 
  
 
 
1011116_b0031_ex10.jpgMi Cafeto (コーヒーセラー&ラウンジ カフェ)
TEL 03-5771-4171(コンシェルジュ デスク)
東京都港区元麻布3-1-35 c-MA3 1階
 定休日:日曜・祝日
営業時間:11:00~18:00 ※土曜は12:00~19:00
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事