B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客目線でベストな提案 頼れる街の不動産会社
株式会社T’sESTATE京都 代表取締役 戸谷毅

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 下町の雰囲気が残る、京都市伏見区の大手筋商店街入り口に事務所を構える不動産会社、株式会社T’s ESTATE(ティーズエステート)京都さんにお邪魔しています。戸谷社長、まずは事業内容についてお聞かせください。
 
戸谷 不動産仲介を行っており、戸建てやマンションといった一般的なお住まいから事業用物件まで幅広く取り扱っています。目指すは、小回りのきく地域密着型の不動産会社です。伏見は私にとって、昔から慣れ親しんだ土地なので、この地域の方たちのサポートをしたいという思いが強いんです。仲介のほかには、「京都市地域の空き家相談員」として、空き家問題の相談や活用の提案をしたり、相続の相談を受けたりもしていますよ。
 
濱中 あらゆる面で頼れる町の不動産屋さんというイメージですね。今こうしてうかがっただけでも経験の豊かさが感じられます。やはりこれまで不動産業一筋でやってこられたのでしょうか?
 
戸谷 実はもともと音楽関係の仕事をしていたんですよ。高校卒業後、子ども向けのピアノ教室で講師をする傍ら、週末は大阪のホテルでブライダル演奏の仕事を請け負うなど、まさに音楽漬けの日々を送っていました。そんなある日、仕事帰りの電車の中で「立命館大学社会人入試第一期生募集」という吊り広告が目に飛び込んできたんです。「受けてみたいな」という気持ちが沸いてきて、30歳にして大学受験に挑みました。
 
濱中 音楽の仕事をされていたのも意外でしたが、30歳で大学を目指したというエピソードにさらに驚きました! なぜそのタイミングで大学に入ろうと思われたのでしょう?
 
glay-s1top.jpg
戸谷 若い頃に大学進学を諦めた経緯があったので、夢を叶えるような気持ちもあったかもしれません。多くのことを学べた大学生活は、私の貴重な財産となっています。在学中に宅地建物取引士の資格を取得し、卒業後、大手不動産会社に入社しました。
 
濱中 安定していた音楽の仕事からシフトチェンジして、新たなチャレンジをするというのは、相当の勇気と覚悟がないとできないことだと思います。固定観念にとらわれない戸谷社長の姿勢に感銘を受けましたよ。不動産業界ではどのようにしてキャリアを積まれたのでしょうか?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事