B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

優しさを大切にする 
訪問看護ステーション

 

深夜でもすぐに駆けつける24時間対応

 
glay-s1top.jpg
水野 訪問看護と言うと、一昔前までは近くに病院のない孤立した地域の話というイメージでした。でも、今は都市部にも多く事業所がありますし、世間一般にも存在が広く認知されつつありますよね。
 
榎本 そうですね。実のところ、入院を希望する患者さんの数に対して病院が足りず、あまり患者さんを長く入院させられない場合が多いんです。また、治療を終えて退院した後も、経過観察などのために通院が必要な患者さんも少なくありません。でも、最近は、訪問看護が認知されはじめたおかげで、在宅でも看護が受けられるとわかり、多くの患者さんに安心していただいています。それに、訪問看護がより身近になったことで、患者さんやそのご家族の、病気や健康に対する意識が大きく変わってきていると感じますね。
 
水野 今後、超高齢社会がさらに進むにつれて、健康に対する意識はますます高まるでしょうね。それでは、あらためて訪問看護の利点を教えてください。
 
榎本 やはり、訪問するスタッフは看護師なので、病院とまったく同じ医療行為ができる点ですね。また、ケアマネージャーさんと一緒に「どのような看護を行うか」を決めたり、訪問する日時なども相談しながら決めたりするので、患者さんやご家族のご都合に合わせたサービスが行えるんです。
 
水野 訪問看護を行う事業所も増えている中、えのもと訪問看護ステーションさんならではの特長はなんでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
榎本 当法人はご高齢者の看護はもちろん、障がいを持つお子さんのサポートにも力を入れていて、主治医の先生と相談しながらケアを行っています。また、24時間の看護にも対応しているんですよ。
 
水野 24時間対応の看護ステーションは珍しいんですか?
 
榎本 24時間いつでも対応するという看護ステーションは増えてはいます。でも、夜中に依頼があっても、夜間の救急外来がある病院を紹介したり、電話でアドバイスしたりするだけという場合も中にはあるんです。しかし、当法人は緊急のご依頼があれば、深夜でもすぐに訪問しているんですよ。そして、容体に応じて的確に対処するんです。ここでも、私の長い看護師の経験が役に立っています。患者さんから「榎本さんなら安心できる」というお声をいただけると、やはり嬉しいですね。