B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

再利用化の難しい領域で
挑戦を続け社会に貢献

 

分別が難しいプラの分野に商機を見出す

 
川村 プラスチックは磁石にくっつきませんからね・・・。
 
glay-s1top.jpg
後藤 それもありますし、プラスチックは同じ化石燃料からつくられているのに種類が多いんですよ。
 
川村 そう言われてみれば、ペットボトル飲料の容器はすべてプラスチックでできているのに、キャップ、ボトル、ラベルと分別して出すよう自治体から求められますね。
 
後藤 はい。ボトルとキャップ・ラベルは同じプラスチックでも素材が異なります。リサイクルにおいて重要なのは異素材が混ざらないようにすること。だから種類が多くて分別収集が難しいプラスチックは、リサイクル業者が扱いたがらないんです。
 
川村 じゃあ、誰もしたがらないことを、後藤社長はわざわざビジネスにしておられるのですか?
 
後藤 そのとおりです。競合が少なければ少ないほど商機はありますよね。私がリサイクル事業を始めた当初は同業者はそれほど多くありませんでしたが、社会的にリサイクルが浸透した今、多くの業者が参入しています。その中で勝ち抜こうと思えば、特別な武器を持たなければなりません。だからあえて同業者が少ない分野に着目したんです。
 
川村 なるほど、市場の動向を見極めておられるのですね。それにしても、プラスチックのリサイクルが難しいものだとは知りませんでした。「プラ」というマークが表記されていれば、全て一緒にできると思っていましたよ。
 
glay-s1top.jpg
後藤 一般廃棄物はまだいいほうで、産業廃棄物として出る複合物が厄介なんです。例えば、壁紙はその1つです。
 
川村 えっ、壁紙ってプラスチックなんですか? 紙じゃないの?
 
後藤 壁紙という名前から紙製品だと思われる方もおられるかもしれません。ですが、多くはプラスチックか、紙とプラスチックの複合物。紙だけだと汚れやすいですし、難燃性にするためにも、PVCという合成樹脂が塗ってあるんです。不要となった壁紙は焼却しようにも燃えにくく、焼却するとダイオキシンが発生します。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事