B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

妥協知らずの技術力で 愛車をより完璧に復元
POLISTA 代表 坂田達也

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 国産・外車問わず、古くなった車両を新車のような状態に戻すいわゆるレストアや、鈑金塗装、ガラスコーティングなどを手がけているPOLISTA(ポリスタ)さんにお邪魔しています。古き良き味わいのあるガレージが素敵ですね。主に行っているのはレストアですか?
 
坂田 はい、レストアをメインに手がけています。狩野さんのおっしゃるように、長年乗り続けてきた愛車の劣化を修復する作業で、故障している箇所はもちろん、経年劣化で傷みが進行している箇所を修繕していきます。例えばホイールに付いた傷や錆を修復したり、ボディを塗り直したりですね。ボディの塗装については、車内のフロアマット下の色に合わせてほしいなど、お客様のご希望に合わせて色褪せを復元していくんですよ。
 
狩野 中には入手するのが困難な部品もありそうです。
 
坂田 そういう部品については新たに製作したり、ボディパネルに錆穴が空いてしまっているときは、1枚の鉄板を切り出して穴に適合するパーツをつくり、それを使ったりしています。
 
狩野 ご自身でつくられるとは素晴らしい! ただ、車両を持ち込まれるお客さんはこだわりが強いでしょうし、難しいご依頼も多いのでは?
 
坂田 どれだけ技術を発揮できるか腕の見せどころですし、難しいほど楽しくなりますよ(笑)。どんなに複雑な作業でもどこを直したのかわかってしまうようなのはNGなので、限りなく自然な仕上がりを追求しています。ただ、毎回自分の中で完璧というものはなく、「もっとこうすれば良かった」「次はああしてみよう」と、試行錯誤を繰り返していますね。
 
glay-s1top.jpg
狩野 野球も同じで正解があるようでないので、自分のプレースタイルを探求し続けるしかありません。そのような向上心がレストアにも必要なんですね。
 
坂田 実は、私は車が好きというよりもレストアする作業自体が好きで、納得のいくものづくりができるまで追い求めてしまうタイプなんですよ。お客様の大切な愛車を、お客様はもちろん、私自身満足できる仕上がりになるよう、常に考えを巡らせています。
 
狩野 坂田代表のように、一切妥協をしない信念を持つ方に、愛車を復元してもらえるお客さんは幸せだと思います。今後もその熱意と誇りを持って、多くの愛車家の方々を笑顔にしてくださいね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私は困難な局面にぶち当たると燃えるタイプなので、逆境を乗り越えたときに楽しいと思えます。
(坂田達也)
 

:: 事業所情報 ::

POLISTA

〒564-0033 大阪府吹田市東御旅町4-22

ホームページ
https://cbcs-polista.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事