B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

工業機械の中古販売は
安心・安全と信用が第一

 

国内の中小企業や海外からも人気の中古機械

 
プレス機をはじめ、さまざまな機械に対応
プレス機などさまざまな機械に対応
小倉 メイトウキカイサービスさんでは、どのような機械を扱っているんでしょう。
 
髙橋 旋盤やフライスなどの工作機やプレス類の鍛圧機、工具類、測定機など、ものづくりに携わる多様な機械を扱っています。工作機械では汎用はもちろん、NC工作機も取り扱っていますよ。
 
小倉 そういう工業機械って、価格も高いんですよね。新品なら一台に数千万円、数億円の値がつくものもあるといいます。そういった高価な機械を、中古品なら比較的安く導入でき、町工場などは助かるでしょうね。
 
髙橋 おっしゃる通りで、コストを少しでも抑えたいという方に喜んでいただけていますね。国内だけでなく、海外から依頼を受けることもあるんですよ。南アフリカやインドから問い合わせが来たこともありますし、先日は韓国に出荷しました。海外では、新品より中古品のニーズが高いですね。
 
小倉 そうなんですか。日本の工業機械は海外でも人気なんですか?
 
髙橋 「メイド・イン・ジャパンはナンバーワンだ」とおっしゃる方が多いですよ。私自身、日本製の機械は世界でもトップクラスだと感じています。なにしろ、丈夫なんです。60年前につくられた機械が、今でも現役バリバリで動いていますからね。小倉さんが高校時代に使われた機械だって、今もどこかで動いていると思いますよ。
 
小倉 そこまで長持ちするものだったとは。素晴らしいことですね。
 
glay-s1top.jpg
髙橋 特に下町の職人さんは長く大切にされる方が多く、東京のとある高名な職人さんは、1964年製の機械を使用されています。私も驚き、職人さんにお話を聞くと、「この機械じゃなければだめなんだ」とおっしゃっていましたよ。
 
小倉 これぞ日本の職人だなぁ。機械の性能や品質もさることながら、使い手もすごいんですよね。
 
髙橋 そういった偉大な先輩たちから、私も物を大事にする精神を学ばせていただきました。それだけに、古くなったらすぐに廃棄してしまう現代の価値観は、残念に感じますね。
 
小倉 同感です。私もスパイクはボロボロになるまで使いました。物に対する愛情や感謝を忘れてほしくないと思いますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事