B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

見て・触れて・味わって イチゴの魅力を年中楽しむ
東京ストロベリーパーク

◆一年中イチゴ狩りができる
 イチゴのテーマパークに注目

 
glay-s1top.jpg
首都圏で一年中イチゴ狩りができる東京ストロベリーパーク
冬から春にかけて旬を迎え、クリスマスケーキなどスイーツのデコレーションに欠かせないイチゴ。熟して赤く染まったキュートなルックスとジューシーかつ甘酸っぱい味わいで、人気フルーツの王道と言えます。春先となれば、イチゴ狩りがレジャーとしても大人気。
 
そんなイチゴの魅力がギュッと詰まったテーマパークが、昨年2018 年4月にオープンしたことをご存じですか? 都心からアクセスに便利な神奈川県横浜市の「東京ストロベリーパーク」。“イチゴにときめく365日”を掲げ、首都圏で一年中イチゴ狩りが楽しめる初めての施設です。さらに、イチゴ狩りだけでなく、本格的なイタリンが楽しめるレストランや季節によって変わるイチゴスイーツを楽しめるラボ、簡単な料理体験ができるクッキングスタジオ、さらにはオリジナルグッズが目白押しのショップまで、とにかくイチゴ尽くし! 
 
見て・触れて・味わい、イチゴについて学べる注目のスポット・東京ストロベリーパークに出かけてみませんか? 
 
 

◆オール電化の細かな温度管理で
 その時々の旬のイチゴを堪能!

 
glay-s1top.jpg
温度と湿度が管理されたハウス内。バリアフリーにも対応
施設の中で気になるのは、やはり一年中イチゴ狩りが楽しめる「STRAWBERRY FARM(ストロベリーファーム)」。東京ストロベリーパークは施設全体が電力でまかなわれており、イチゴ栽培のハウスも、オール電化により細かく温度・湿度管理されています。また、栽培方法も資源を有効に活用することで環境にも配慮しているほか、バリアフリーに対応するなど、誰にでも優しい空間が実現しました。地面もピンクのコンクリートで舗装されているため足元が汚れにくく、服装を気にせずイチゴ狩りが楽しめるのも嬉しい限りです。
 
イチゴは時期ごとに旬のものをセレクトしているので、足を運ぶたびに異なる品種を味わうことができます。公式ホームページからの完全予約制となっており、コースは30分食べ放題の「食べ放題コース」と、ハウス内で食べられないものの自身で摘んだイチゴをパックに詰めて持ち帰ることができる「持ち帰りカップコース」の2種。パーク内のレストランやラボのイチゴメニューでお腹を満たす場合は持ち帰りコースを選ぶなど、予定に合わせてコースを決めて、楽しい時間を過ごしましょう。
 
イチゴを味わえるだけでなく、どのように実っているかなど体験を通して知識を深められることや、植物と触れ合えることも、イチゴ狩りの魅力ではないでしょうか。通年でハウス内は快適な温度が保たれているので、寒い季節のお出かけにもぴったりかもしれません。
 
 

◆レストランにラボやショップも
 五感でイチゴを楽しみ尽くす!

 
glay-s1top.jpg
ICHIGO LAB.のイチゴスムージー
STRAWBERRY FARM以外にも、パーク内には見逃せない施設が充実。イタリアンビュッフェレストラン「PARK SIDE KITCHEN(パークサイドキッチン)」では、オープンキッチンから旬の食材を活かした料理が提供されます。その中で目を引くのは、カラフルなチョコレートファウンテン。イチゴプチシューやイチゴ大福など、スイーツも豊富で心もお腹も大満足間違いありません。
 
イチゴの魅力とおいしさを研究する「ICHIGO LAB.(イチゴラボ)」では、研究員たちが見出した、ベトナムの農家から直接仕入れるカカオとイチゴを合わせたできたてスイーツに舌鼓。スイーツづくりの様子を見学することもでき、臨場感たっぷりです。「自分でもつくってみたい!」と思ったら、土日にスイーツづくりを開催している「STUDiO SWiTCH(スタジオスイッチ)」へ。型抜きやデコレーションクッキーづくり体験で、気軽にオンリーワンのスイーツづくりができるので、料理初心者も安心です。
 
glay-s1top.jpg
ICHIGO LAB.のキッチンは見学が可能!
glay-s1top.jpg
大人気のチョコレートファウンテン
glay-s1top.jpg
STUDiO SWiTCHでお菓子づくりを体験
 
このほか、イチゴをテーマにしたポップアップショップ「Berry good shop(ベリーグッドショップ)」では、「イチゴ和三盆」をはじめ、ここでにしか手に入らないお土産が満載。まさに、イチゴ好きはにはたまらないスポットと言えます。何から何までイチゴ一色の、東京ストロベリーパークで、甘酸っぱい香りに包まれる心弾む幸せなひと時はいかがでしょう?
 
glay-s1top.jpg
イチゴの形がかわいい和三盆はお土産にぴったり!
glay-s1top.jpg
3種のパッケージから選べるショートケーキ和三盆
 
 
 
東京ストロベリーパーク
〒230-0053 神奈川県横浜市鶴見区大黒町11−1
TEL 045-394-555 (営業時間内のみ)
営業 11:00~16:00(土日祝は10:00~18:00)
定休日 水曜・年末年始
https://tokyo-strawberry-park.jp/
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事