B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

ものづくりの体験を通して 森と地域の可能性に触れる
飛騨の森でクマは踊る

◆森と共存する未来のため
 日々の暮らしを考える

 
森林の豊富な岐阜県・飛騨は製材所も多数(西野製材所)
森林の豊富な岐阜県・飛騨は製材所も多数(西野製材所)
国土面積の約70%が森林である日本。日本人は古くから森の恵みを享受して自然と共に生きてきました。しかし、経済の発展と共に、その関係性が変わってきた部分も少なくありません。建築資材や燃料の変化、輸入木材の増加といったさまざまな事情による国産材の需要低下。さらに、人手や費用の問題から、放置されている森林資源が多いことが、近年問題となっています。
 
森林の面積が全国トップレベルを誇る岐阜県。木材加工所も多く、優れた組木技術により産業は栄えてきました。そんな岐阜県・飛騨市に、体験を通じて森の価値や木の可能性について、考えるきっかけを与えてくれるスポットがあります。
 
「飛騨の森でクマは踊る」――通称「ヒダクマ」。森は日本人が共存してきた自然そのものであり、恵みである。そして、今こそ100年の視点で森の価値をとらえなおす必要があるという考えのもと、日常の中の可能性から新たな価値を生み出すべく挑戦を続けています。今回は、そんなヒダクマの取り組みに注目してみましょう。
 
 

◆滞在を通じて地域を知り
 ものづくりを通じて木を楽しむ

 
古民家を改装したFabCafe Hidaで、ものづくりを体験!
古民家を改装したFabCafe Hidaで、ものづくりを体験!
ヒダクマでは、飛騨の街並みや森林素材、伝統の組木技術といった地域の価値を、ITやテクノロジーを駆使してアップサイクルする活動を行っています。その一つが、ものづくりの支援。3Dプリンターやレーザーカッターといったデジタルファブリケーションを活かし、ものづくりのプロセスの効率化のほか、異素材を取り入れた組木技術によるプロダクトづくりなど、ものづくりにおける新たな発見のきっかけを提供しています。
 
その活動の軸となっているのが、築100年以上の古民家を改築した「FabCafe Hida(ファブカフェ ヒダ)」。Fabマシンや木工機械を設置し、ドリンクやフードを楽しみながら、気軽にものづくりが楽しめるオープンスペースです。「どの機械を使えばいいのか、何をつくればいいかわからない」というものづくり初心者も、ワークショップや制作キットも用意されているのでご安心を。カフェやものづくりを通じて、デザイナーや木工職人との交流も楽しめるのも魅力の一つと言えます。カフェメニューも、こだわりのコーヒーや地元の食材を活かしたメニューがそろっているので、カフェ利用だけでも気兼ねなく足を運んでみてはいかがでしょう。
 
初心者にも挑戦しやすいカンナを使う「MY箸づくりプラン」
初心者にも挑戦しやすいカンナを使う「MY箸づくりプラン」
「飛騨の森のベーグルサンド」など季節のメニューも充実
「飛騨の森のベーグルサンド」など季節のメニューも充実
 
さらにじっくりとものづくりに取り組んでみたくなった、という場合は宿泊プランがおすすめ。森や街歩き、地元の食や酒を楽しみ、地域の人々と触れ合いながらものづくりに集中できるプランが用意されています。飛騨の自然の恵みを感じつつ木工製品を手がけることで、日々の暮らしや視点に変化が生まれるかもしれませんよ。
 
glay-s1top.jpg
FabCafe Hidaの周辺の様子
海外の大学の合宿にも利用される
海外の大学の合宿にも利用される
森歩きを通じ森林や木の理解を深める
森歩きを通じ森林や木の理解を深める
 
 

◆木材選びから表現の方法まで
 ものづくりのプロをサポート

 
組木技術に触れる建築家・ツバメアーキテクツの千葉元生氏
組木技術に触れる建築家・ツバメアーキテクツの千葉元生氏
西野製材所の協力のもと、広葉樹の個性に触れることも
西野製材所の協力のもと、広葉樹の個性に触れることも
このほかヒダクマでは、建築家やデザイナー、クリエイターの木材調達や木材での表現サポートなども行っています。特に、くるみや栗、さくら、ナラなど、種類も豊富で木目の表情が豊かな広葉樹の提案を得意としているのがヒダクマの大きな強み。日本有数の広葉樹に特化した西野製材所の協力のもと、数十にもおよぶ樹種に直接触れ、目で見て木材を選べる環境は、多くのクリエイターにとってインスピレーションの源泉となっています。木材選びだけでなく、1日から数日をかけてのプロトタイプ制作、飛騨伝統の組木技術を学ぶワークショップなど、至れり尽くせり。ものづくりに携わる人は必見です。
 
プライベート、ビジネス――さまざまな面で、木や森との関係性、ものづくり、日々の暮らしについて考えるきっかけを与えてくれるヒダクマ。自然と共生してきた日本の歴史を大切にしながら、時代に合った形で継承していくためには、新たな視点が必要です。今後も新たな挑戦を続けるヒダクマに、ぜひ注目してみてください。
 
RINNとのコラボによる飛騨の広葉樹を用いたキャットツリー
RINNとのコラボによる飛騨の広葉樹を用いたキャットツリー
ツバメアーキテクツによる広葉樹のスツール「KINOKO」
ツバメアーキテクツによる広葉樹のスツール「KINOKO」
 
 
飛騨の森でクマは踊る
https://hidakuma.com/
〒509-4235 岐阜県飛騨市古川町弐之町6-17
TEL 0577-57-7686
営業 10:00~18:00
定休日 無休
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事