B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆新感覚エクササイズが
 日本全国を席巻中!?

 
glay-s1top.jpg
全国に広がりを見せる、話題のバイクエクササイズとは?
健康や体づくり、またはリフレッシュのため、スポーツジムやフィットネスクラブに通っているビジネスパーソンの皆さん。現在、日本各地に続々とスタジオをオープンしている「FEELCYCLE(フィールサイクル)」というスタジオをご存じですか? 「FEELCYCLE」は、ニューヨーク発のバイクエクササイズ専門スタジオ。ハリウッドセレブに人気を博し、2012年に日本上陸を果たしました。その後、全国各地に続々と進出。この2017年5月には仙台に東北エリア初となる店舗がオープンするなど、人気はうなぎのぼりと言えます。
 
なぜ、「FEELCYCLE」がこれほど話題を集めているのか――。その理由は、新感覚のエンターテイメント性に富んだプログラムと空間にあります。通常のジムやフィットネスの場合、1人でマシンと向き合うことが多く、ダンスなどのスタジオプログラムでも、インストラクターの動きに集中し、メニューを黙々とこなすことが少なくありません。今回は、従来のイメージを一新するような、ラグジュアリーかつエキサイティングな「FEELCYCLE」のプログラムを、詳しくご紹介しましょう。
 
 

◆「楽しくて止められない」
 クセになる一体感と高揚感

 
glay-s1top.jpg glay-s1top.jpg
ラグジュアリーで非日常的なインテリアの六本木スタジオ
照明を落としたハイセンスな空間に、ダウンライトやミラーボールが瞬き、流れるのは大音量のクラブミュージック。そこはクラブ・・・ではなく、まぎれもなくバイクエクササイズのためのスタジオです。クラブで踊るように、テンションを上げてバイクを漕ぐ。それが「FEELCYCLE」の醍醐味なのです。
 
グループレッスンは、インストラクターのDJさながらのディレクションにより、毎回ヒートアップ必至。ハウスやトランス、ソウルなど、幅広いジャンルから音楽を選べるのも魅力です。臨場感のあるサウンドやライティングに包まれ、スタジオ全体が一体となる高揚感や爽快感は、通常のジムでは味わえません。とはいえ、こう聞くと、「盛り上がっている姿を見られるのは恥ずかしい」「リズムにうまくのれないかもしれない」と、不安に感じる人もいるでしょう。でも大丈夫、スタジオ内は暗いので、周りの目を気にすることなく、大胆にレッスンをエンジョイできます。
 
実は、スタジオ内を暗闇にすることで、音楽やエクササイズへの集中力が増す他、暗闇への不安から周囲との一体感が深まり、一緒にレッスンを受ける仲間と親しくなりやすいという嬉しい効果も。そのため、楽しみながらエクササイズをしっかり続けられるのも、「FEELCYCLE」が人気を集める大きな理由となっています。
 
glay-s1top.jpg
インストラクターがDJのようにレッスンを盛り上げる
glay-s1top.jpg
クラブ気分で楽しくグループエクササイズができる
 
 

◆通いやすい立地と営業時間
 体づくりを楽しく日常に!

 
glay-s1top.jpg
45分間自転車を漕ぎ続けるので、運動効果もばっちり
「FEELCYCLE」のバイクエクササイズは、ユニークなだけではなく、有酸素運動と筋トレの両要素を持ち合わせているため、しっかりとした運動効果が期待できます。レッスン中はインストラクターが、鍛えたい部分や、各自のレベルに合わせ、ペダルの回転数や負荷、漕ぎ方などを指示。集中してノンストップで漕ぎ続けるため、45分のレッスンで、個人差はあるものの、約400~800kcalのカロリーを消費することが可能です。
 
glay-s1top.jpg
一体感が心地いい! ジム通いが続かない人にもおすすめ
「FEELCYCLE」は、どのエリアのスタジオもアクセスが良く、早朝から夜まで営業しているので、忙しいビジネスパーソンにもぴったり。朝にレッスンを受ければ、血流が良くなるため基礎代謝も上がり、1日中体脂肪が燃焼しやすい状態を維持できるのだとか。朝活として、出勤前の習慣に取り入れてみるのも、いいかもしれませんね。
 
通いやすく、楽しいから続けられる、エンタメ型最新バイクエクササイズ「FEELCYCLE」。今までジム通いやエクササイズが長続きしなかったという人も、1度試してみる価値はありそうです。もちろん、自転車好きや音楽好き、体を動かすのが好きな人、幅広い層が満足できるでしょう。薄着が気になるこれからの季節、楽しく体づくりができる「FEELCYCLE」を、ぜひライフスタイルに取り入れてみてください。
 
glay-s1top.jpg
 
 
 
FEELCYCLE
http://www.feelcycle.com
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事