B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

 

◆大人のアミューズメント
シューティングバー!

 
 
glay-s1top.jpg
ビルの2階にある「Shooting Bar EA」。はためくロゴを目印に
いよいよ梅雨に突入。雨が続くと、日中に外でレジャーを楽しむ機会も減り、少々ストレスが溜るシーズンと言えますね。ジムに行って体を動かしたり、家でゆったり過ごしたりするのもいいけれど、連日となると、正直飽きてしまう。最新商業施設でショッピングもいいけれど、少しユニークな大人が楽しめる屋内施設をお出かけ先のレパートリーに加えてみませんか?
 
東京の人気エリア、吉祥寺――井の頭公園からほど近いビルの2階にあるのは、隠れ家のような雰囲気が漂うバー。といっても、ただのバーではありません。「Shooting Bar EA(シューティングバーエアー)」は、名前からわかるようにシューティングが楽しめるバーなのです。しかも、設備もアルコールのラインナップも本格派! 
 
お酒を楽しみながらエアガンを撃てば、ストレスも発散できること間違いなし。大人のためのアミューズメントスポット、「Shooting Bar EA」に繰り出してみましょう。
 
glay-s1top.jpg
本格設備と充実のメニューで知る人ぞ知るシューティングバー
glay-s1top.jpg
見事的を撃ちぬいて、ストレス発散&アルコールでリラックス 
 
 

◆エアガンの種類も設備も充実
 初心者にも優しい工夫が満載

 
glay-s1top.jpg
店内には10mのシューティングレーンが。ソファ席からレンジ内の様子を見ることも
この「Shooting Bar EA」、実はアニメの制作で知られるガイナックスの運営。ドラマの撮影に使われたり、ゲームとのコラボ企画が行われたりと、知る人ぞ知る店なのです。
 
店内に入り、ひと際目を引くのは、3レーンある実射距離最大10mのシューティングレンジ。的はコンピュータ制御され、金属の的や、記念に持ち帰ることができる紙の的など、好みの射撃対象を選ぶこともできます。シューティングレンジにはライフルが並び、さらに、壁にはハンドガンのディスプレイが。充実の設備やエアガンのラインナップは、初心者にとってはまさに非日常であり、ミリタリー好きにとっても垂涎ものと言えるでしょう。
 
“本格派シューティングバー”と聞くと、銃の知識がない初心者にとっては、少々ハードルが高いように感じるかもしれません。しかし、「Shooting Bar EA」のガンメニューは、エアガン好きでなくとも眺めているだけでも楽しくなるような内容になっています。
 
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex05.jpg
店の中心にシューティングレンジが
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex06.jpg
カウンターのバックにもハンドガンが並ぶ
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex07.jpg
ソファ席もあり、グループでも寛げる
 
メニューブックでは、銃の写真や名前、スペックなどはもちろん、その銃が登場している映画やゲーム、アニメの作品名、銃を使用しているキャラクター・・・といった情報まで説明。そのため、「好きなあの映画の登場人物と同じ銃を撃ってみたい」という選び方もできるのです。シューティングレンジに入っていない間も、お酒を片手にメニューを眺めていれば、銃や映画の話題で盛り上がり、あっという間に時間が過ぎてしまうことでしょう。
 
 

◆撃って良し、飲んで良し!
オリジナルカクテルにも注目

 
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex08.jpg
バーボン「フォア・ローゼス」が華やかに香る「トンプソン」900円
「Shooting Bar EA」は、シューティングの設備だけでなく、アルコールやフードメニューもこだわりが満載。特に、銃の名前を冠した豊富なオリジナルカクテルには注目です。
 
例えば、「トンプソン」は、ウィスキーにアマレットを効かせたスタンダードカクテル「ゴッドファーザー」をアレンジしたオリジナルです。カクテルの「ゴッドファーザー」が、映画『ゴッドファーザー』にちなんでつくられたのは有名なエピソード。この作中、印象的なシーンで使われている銃こそトンプソンとあって、映画通も思わず唸るネーミングの一杯となっています。また、ジンとウォッカをシェイクしたショートカクテル「ワルサー」も、同じく映画と関連した逸品です。ワルサーと聞いて、すぐに『007』の主人公、ジェームズ・ボンドを思い出す人も多いのでは? 様々な“ボンド・マティーニ”が登場することで知られるシリーズの中でも、有名なのが「ウォッカ・マティーニを、ステアでなくシェイクで」というオーダー。このセリフを彷彿とさせる「ワルサー」を飲めば、ジェームズ・ボンド気分が味わえるかもしれません。
 
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex09.jpg
『007』ファン垂涎 「ワルサー」900円
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex10.jpg
スパスがモチーフの「SPAS12」900円
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex11.jpg
2色の層が美しい「FNスカー」900円
 
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex12.jpg
お酒が進むビーフジャーキー600円
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex13.jpg
1ポンドステーキ2500円は数量限定!
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex14.jpg
バニラアイス500円のソースは10種から
 
/lifestyle/1606/160615_ls_129ex15.jpg
大人が遊べるシューティングバー。雨の夜のお出かけに、ぜひ! 
このように、それぞれ銃のヴィジュアルや製造国、銃を使用しているキャラクターをイメージしたカクテルが20種も! オーダーに悩んだら、銃とカクテルをペアで楽しむのも良いでしょう。フードも、ビーフジャーキーをはじめとした酒肴から1ポンドビーフステーキといったパンチの効いた食事メニューまでそろうので、使い勝手も抜群の一軒と言えます。
 
撃って良し、飲んで良し、食べても良しと、魅力がギュッと詰まった非日常空間「Shooting Bar EA」で、梅雨のストレスも吹き飛ぶエキサイティングなひと時を過ごしましょう。
 
 
 
Shooting Bar EA
〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-5-5沢田ビル2F
TEL 0422-26-9100
営業 17:00~23:00
定休日 火曜
ホームページ
http://www.shootingbar-ea.jp
ツイッター
https://twitter.com/Bar_EA
フェイスブック
https://www.facebook.com/Shooting-Bar-EA-501630070042288/
 
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事