B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

食生活の提案を通して 体を内側から健康に!
FunEat株式会社 代表取締役 古賀祐子

 
プロフィール 福岡県出身。高校卒業後、久光製薬(株)女子バレーボール部に所属し、選手の食事管理を担当。退職後、スキーナショナルチーム強化コーチを経験後、アパレルメーカーに転職。食での社会貢献を目指して退職、学校栄養職員、企業でのレシピ開発などの職を経て、2020年にFunEat(株)を立ち上げた。食に関するコンサルティングとヘルスケア関連事業を中心に事業を展開している。筑波大学大学院修了。保有資格多数。【ホームページ
 
 
 
バランスの取れた食生活は健康づくりに欠かせない。自己流で行うのも悪くはないが、専門家のアドバイスを取り入れることでより効果が高まるだろう。FunEat(ファンイート)株式会社の古賀祐子代表取締役は、数々のトップアスリートの栄養管理に携わってきた経験を活かして独立。遺伝子分析なども取り入れた健康管理を提案している。「食を楽しみ、人生に笑顔と彩りを添えてもらいたい」と語る古賀社長の熱い思いに迫った。
 
 
 
多角的な食のアプローチで健康をサポート
 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 本日は、東京都港区にあるFunEat株式会社にお邪魔しています。古賀社長は食に関する事業を営まれているそうですね。私もスポーツ栄養学に関心を持っていて管理栄養士の勉強をしているところです。しかも、お名前も同じ“ユウコ”さんなので驚きました!
 
古賀 そうなんですよ(笑)。
 
水野 今日はよろしくお願いします! 食といっても幅広いと思います。御社の事業はどのようなことをしているんでしょうか?
 
古賀 食に関するコンサルティングや、テーラーメイド栄養サポート、企業が健康経営をするためのサポートなど、ヘルスケア関連事業を展開しています。具体的には、セミナーの開催や技術コンサルティング・レシピ開発・栄養監修、遺伝子検査を活用した健康サポート、高校野球チームの栄養サポートなどスポーツ栄養ですね。
 
水野 管理栄養士を目指す身としては、どれも興味深い活動です。
 
古賀 私はこれまで紆余曲折を経て、管理栄養士の資格を取得しました。しかも、普通に企業に勤めるつもりが、自分で起業することになったんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事