B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

緻密な構造計算を根拠に 建物に安全性と安心を
あすなろ設計 代表 竹内規裕

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 今回は、神奈川県横浜市の「あすなろ設計」さんにお邪魔しています。本社は島根県だそうですね。
 
竹内 はい。祖父の代から島根で建設会社を経営していて、私は父の会社の横浜支店長として、こちらで建物が安全に建てられるかを計算する「構造計算」の仕事をしています。
 
名高 構造計算というと、実際にはどのような業務内容になるんでしょう?
 
竹内 構造計算は建築家の中でも一割くらいしかいない職種でして、建築図面をもとに、設計されたものが数値的にどの程度地震や災害に耐えられるかを計算するんです。つまり、建物の安全性や安心に根拠を持たせる仕事ですね。私は特に、木造建築物の構造計算を得意としています。
 
名高 木造建築は温もりがあって、いいですよね。半面、火事などがどうしても心配です。
 
竹内 最近は薬剤を浸透させた木材があり、2時間くらい火であぶっても燃えないんですよ。となると、鉄筋やコンクリートよりも、風合いの優しい木造住宅のほうが好まれる傾向があり、高齢者施設や保育施設なども木造へとシフトしています。スタジアムが建てられるくらいの強度もありますしね。
 
名高 なるほど。それにしても、竹内代表が、建築の中でも構造計算を生業にしていこうと決意なさった経緯も気になりますね。
 
glay-s1top.jpg
竹内 実は、構造計算の分野は父が勧めてくれました。父自身、建築業界に長くいるので、今後必要性が増す仕事だと考えで導いてくれたのだと思います。父の助言は、本当にありがたかったと感じています。それで、大学院まで進んで専門的に学び、5年ほど修業を兼ねて他社で働いたんです。その会社とは、現在も良好なお付き合いをさせていただいていますよ。
 
名高 いい会社で、経験を積まれたのですね。
 
竹内 そうですね。特に、社会人一年目の頃に、特殊な工法で設計した建物の計算を手がけたんです。完成したときの感動は、忘れられませんね。この仕事を選んでよかったと心から思いましたし、あれが自分にとって最初の一歩だったと感じています。
 
名高 完成した建物を見たときの充実感、この仕事をやっていてよかったというお気持ち、わかるような気がします。これからも、夢のある建築物をたくさん手がけてください。楽しみにしています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「仕事を楽しむ」とは‥ 建物の設計に携わること自体がもちろん楽しいですし、その中で、新たな知識や技術を求められて勉強することが楽しいですね。習得したことを活かして、建物が形になるとやりがいを感じます。
(竹内規裕)
 

:: 事業所情報 ::

あすなろ設計

株式会社あすなろ相互建設(本社)
〒693-0006 島根県出雲市白枝町728-8

あすなろ設計 横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-1 YS新横浜ビル5F

松江住宅展示場
〒690-0001 島根県松江市東朝日町152-5

ホームページ
http://asunarosekkei.info

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事