B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

黒字申告90%超の実績 会計道で健全経営に導く
税理士法人 日野上総合事務所 代表社員 日野上達也

 
プロフィール 大阪府出身。税理士の家系に生まれる。関西大学商学部を卒業後、税理士事務所で実務経験を積んでから資格を取得。父が運営する税理士法人 日野上総合事務所に入所した。その後も税理士として経験を重ね、2005年に代表社員に就任。地元である大阪市平野区を中心に、中小企業を税務からサポートしている。現在は税務会計のほか、医院開業支援や人事・労務関連の支援も手がけている。【ホームページ
 
 
 
設立から50年以上の歴史を持つ、税理士法人 日野上総合事務所。約300社というクライアントの半数が平野区近辺の企業と、地域から長年頼りにされてきた税理士事務所だ。その特徴は圧倒的な黒字申告率。クライアントの90%以上が、2014年から黒字申告を続けている。その実績を支えたのは、「健全な会計に健全な精神が宿る」というモットーだろう。会計道で中小企業を健全経営に導く日野上達也代表社員に話を聞いた。
 
 
 

父の背を見て、税理士に憧れた少年時代

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪市平野区の税理士法人 日野上総合事務所さん。1968年開設の歴史ある税理士事務所だとうかがいました。
 
日野上 税理士だった父が立ち上げ、2005年に私が代表社員になりました。私は2020年現在50歳なので、この事務所とほぼ同い年です。事務所がだんだん大きくなっていく様子を小さい頃から肌で感じていました。
 
八木 日野上代表が税理士になったのもお父さんの影響なのでしょうか?
 
日野上 というよりも、父の敷いたレールだったんです。「関西大学商学部から税理士に。それ以上も、それ以下もだめ」という教育でしたね(笑)。もっとも私自身、小さい頃から憧れはあり、小学校の作文でも将来の夢に税理士と書いたほどです。
 
八木 お父さんの働く姿を見て、憧れを持ったということですね。
 
日野上 ええ、困った方の力になり、世の中の役に立てる仕事だと幼心に感じていました。そして大学を卒業後、大学院に通いながら実務経験を積むために他の税理士事務所で3年間修業し、資格を取得してから父のもとで働きました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事