B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

急な事故でも駆け付ける 太陽光発電メンテナンス
PVMA 代表 勝山直樹

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鶴久政治(ミュージシャン)
鶴久 千葉県市川市に事務所を構え、太陽光発電所のメンテナンスや運営コンサルティングを手がけるPVMA(ピーブイエムエー)さん。さっそく勝山さんの歩みからお聞かせください。
 
勝山 私はこれまで公務員、司法書士事務所、民間企業と器は変わりましたが、いわゆるデスクワーク、管理の仕事に一貫して就いておりました。2011年の東日本大震災に遭遇し、日本、特に東京におけるエネルギーや交通インフラの脆弱性を思い知らされました。そこで社内で太陽光事業を推進させたかったのですが、慎重派に押されて思うように進められなかったのです。そんな折、再生可能エネルギー開発企業からお誘いがあり、やはり法務という管理担当ですが転職いたしました。転職後は営業担当と一緒に現場に出ることが増え、地権者、役所、近隣住民と接し、人と出会うようになり自分の変化に気付き始め、この事業をやりたいと思うようになったのです。
 
鶴久 最近は太陽光発電システムを導入する個人や法人が増えていますよね。一方、売電単価の値下がりや設備の維持・管理するなどの課題も多くあると聞いています。そこをサポートしてくださるのは頼もしいですね。ぜひとも業務内容を教えていただけますか。
 
glay-s1top.jpg
勝山 業務内容は各発電所の能力を最大限に発揮させることです。そのための草刈り、パネルの清掃、フェンス・法定看板の設置、落雷対策、機器の補修点検等さまざまなメンテナンスやトラブル対応を承っています。農家さんなどがオーナーの場合はご自身の土地にパネルを並べ、ご自身でメンテナンスを行うことも可能です。しかし、ビジネスパーソンや経営者が副業や投資などで遠隔地の太陽光発電システムのオーナーとなった場合は、なかなか現地に行くこともできません。実は私自身も太陽光発電所を他県で数ヶ所運用しており、お客様の気持ちがわかります。私も以前、メンテナンス会社の対応にヤキモキして、結局自分自身で対応したこともありました。
 
鶴久 確かにそれでは事故などがあった時、すぐに駆け付けるのは難しいですね。
 
勝山 ええ。ですから、急な事故やメンテナンスの必要が生じた場合はオーナー様に代わり弊社スタッフが現地に駆け付けて対応いたします。お電話をいただいてから、行ける場所であればすぐに飛んで行きますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事