B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ふと腰を下ろしたくなる
安らぎの薬局を目指して

 

今までにはない新たな薬局を目指して

 
glay-s1top.jpg
鎮西 チェアークラブさんは、「薬局ちぇあーくらぶ」を品川区の荏原中延と、中央区の京橋にオープンされたそうですね。なぜその立地を選んだのですか?
 
三ツ谷 品川は私の地元なので、地域に貢献したかったんです。また、京橋も私にとって馴染み深い地域でした。本当は1店舗から始めようと思っていたものの、偶然、同じタイミングでテナントが見つかりまして(笑)。思い切って2店舗同時にスタートしようと思ったんです。これまでにはない、新たな薬局にしようと思っていますよ!
 
鎮西 その意気込みは会社のホームページからも感じます(笑)。トップページには「あなたに今、必要な椅子は、どんな椅子?」と大きく書いてあり斬新ですよね。提供サービス一覧のトップが調剤業務とは思えないほどです。
 
三ツ谷 びっくりしていただけたようで何よりです(笑)。薬局の仕事にプラスアルファしている弊社独自の取り組みを大事にしたくて、このようなホームページにしました。例えば、オンラインショップは、障害や疾病の影響で外出が難しい方が、重たい介護用品などを購入できるように用意したサービスです。また、私はメディカルサプリメントアドバイザーという資格を持っているので、医薬品はもちろん、医師か薬剤師から説明を受けないと購入できないサプリメントも今後は販売しようと思っています。
 
鎮西 それは良いサービスですね! 薬剤師さんが直々に選んだサプリだから、安心して摂ることができます。
 
三ツ谷 ほかにも医師が監修した書籍なども取り扱う予定です。ゆくゆくはこのオンラインショップも、健康に関する情報収集に役立つ空間にしたいですね。
 
鎮西 空間というと、薬局の貸しスペースもサービスにありますね。
 
glay-s1top.jpg
三ツ谷 はい。待合室を広めに設計したので、医師を招いて健康セミナーを開いたり、ファイナンシャルプランナーを講師に招いて、お金の相談室を催したりしようかと考えているんです。ほかにも、折り紙教室を開くなど、地域交流の場にしようと計画しています。そうすることで、特に薬に用事はなくても集まることができるスペースになるかなと思っています。
 
鎮西 寄合所みたいで、すごくアットホームな雰囲気になりそう! もう一つ、カウンセリングも気になるサービスです。
 
三ツ谷 「精神科に通うのはハードルが高い」と感じている方の受け皿になれればと考えて、サービスに盛り込みました。薬局なら、病院よりも通いやすいと感じてくれる方もおられると思うんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事