B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

優れた和紙繊維を使い
シューズや靴下を企画

 
 
glay-s1top.jpg
狩野 素晴らしいですね! 情熱的なパワーを感じますよ。和紙の良さを普及させたいという思いが、糸井社長をますます元気にさせているようです。しかも、和紙は自然素材ですし、肌のトラブルに悩む方の味方にもなるのではないでしょうか?
 
糸井 おっしゃるとおりです。和紙の最も良いところは生体親和、つまり人の肌との相性が良いことなんですよ。それは、人だけではありません。動物や植物、微生物に至るまで、この地球上に存在するすべての生命体との相性が良いんです。ですから、直に肌と接するインナーは、その和紙の特長を最大限に発揮できるんですよ。そこで、マッシュホールホールディングスとコラボし、和紙繊維を使った「アンダーソンアンダーソン」というアンダーウェアの新ブランドも発表されました。実は、私が今着用しているこのシャツがその商品なんです。肌触りも着心地も抜群で、肌との相性が良いから疲れないんですね。
 
狩野 速乾性もあり、汗で濡れてもべとつかず不快になることもなさそうですね。私もどんどん和紙の魅力に引き込まれてきました!
 
糸井 日本での発売はもちろん、最近は海外からのオファーも増えてきました。私自身も1年のうち、3分の1は海外で活動しています。かつて、ロサンゼルスオリンピックのある競技でアメリカ代表チームのユニホームを手がけ、採用されたこともあるんですよ。そのようなご縁を大切にしながら、今後もグローバルにアプローチして行きたいと考えています。
 
狩野 長年の経験と実績の賜物ですね。まさにジャパニーズ和紙の重鎮だ! Itoitex素材が世界に羽ばたけば、私たち日本人にとっても誇らしい限りですよ。
 
glay-s1top.jpg
糸井 そう言っていただけると光栄ですね。アスリートの方々も、一度体験したらほかの商品には戻れないというお声もいただいています。また、山中を走るトレイルランニングのあるレースでは、雨天でリタイアする選手が続出する中、Itoitexのシューズを履いていた選手は全員無事にゴールできたとも聞いています。ほかにも、ひどい水虫の症状が改善したとか、かかとのひび割れがきれいになったという嬉しいおい言葉もありましたね。
 
狩野 確かに、足元の状態でアスリートのパフォーマンスは大きく左右されますからね。ソックスや肌着など、日頃から身につけるものは、なおさら効果を実感できるでしょう。肌にも優しい天然素材として、今後さらに国内外から注目されると思います! これからもお元気で、和紙製品の良さを伝えていってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
製品を使ってくださったユーザーの皆様からの喜びの声をいただくこと。そして、好きこそものの上手なれと言うように、自分が一番好きな仕事を続けることですね。
(糸井徹)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ITOI生活文化研究所

大阪本社
〒596-0821 大阪府岸和田市小松里町 861-11

東京事務所
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ1120

ホームページ
https://itoitex.co.jp
https://www.itoix.co.jp  (ItoiX)

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事