B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

通信商材を通じて
アメイジングを創造する

 

誰もがWin-Winになれる通信回線事業

 
glay-s1top.jpg
矢部 すごい! 一度はあきらめた、プロの格闘家になるという夢をかなえたんですね!
 
幸田 はい。しかし、当時は格闘技業界が空前の氷河期に突入していて、残念ながら私の試合が注目されることはありませんでした。ファイトマネーもほとんどもらえない状況で、このままでは将来に先が見えないと感じたんです。そこで、大手通信会社からの依頼でショップや量販店の販売をサポートする会社に就職し、やりがいを感じていた営業職にカムバックしたんですよ。
 
矢部 せっかくかなえた夢を手放し、再び営業のお仕事に・・・まさに波乱万丈な道のりですね。その後のお話もお聞かせください。
 
幸田 入社後すぐに実績を上げ、約1ヶ月半で部下を持つ立場になりました。ますます営業にやりがいを感じるようになった私は、人とのつながりやコミュニケーションの大切さを重視するようになっていったんです。そして、契約件数を増やすよりも、私を信頼してくれるお客様、つまり“自分のファンを増やす”という現在のスタイルを確立しました。そんな中、社内のライバルたちと切磋琢磨しながら、お客様ファーストで成果をあげていくと同時に、もっと高みを目指して挑戦したいという独立心も芽生え始めたんです。するとある日、趣味で通い続けていたキックボクシングのジムで、不動産会社の社長さんと出会ったんです。そこで、現在弊社が行っている“通信回線の取次販売”という新しい事業のアイデアがひらめいたんですよ。
 
矢部 まさに転機が訪れたわけですか。わくわくする瞬間ですね!
 
幸田 ええ。私も「今だ!」と感じたその瞬間には、社長さんに商談を持ちかけていました(笑)。その後はとんとん拍子に話が進み、2018年4月に弊社を起業したんです。
 
矢部 ぜひとも御社の事業内容を、詳しく教えてください。
 
glay-s1top.jpg
幸田 弊社は提携先の不動産会社さんからマンションやアパート、戸建て住宅に入居したお客様を紹介していただき、インターネットやスマホ、電話などの通信回線をご提案しています。今の通信回線には数多くの種類があり、情報もあふれていますよね。お客様が引っ越しと同時にそれを調べ、必要な回線を契約するのはとても大変なことなんです。
 
矢部 それはよくわかります! 私も以前、引っ越ししたときに回線の契約手続きがどうなっているのかわからなくなってしまい、「もういいや!」と投げ出したくなった経験がありますよ(笑)。
 
幸田 そうですよね。そこで弊社は、お客様のご要望を詳しくお聞きして、最もお得な契約内容をご提案しているんです。通信回線契約のわずらわしい手続きから解消されたお客様はストレスがなくなり、それによって不動産会社さんもお客様とのトラブルが減る。誰もがWin-Winになれるのが弊社の事業なんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事