B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

高い技術力と迅速対応で 光ファイバー部品を提供
フォーカス株式会社 代表取締役 藤森充

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 東京都あきる野市で、光通信用部品の設計や販売などを手がける株式会社フォーカスさん。具体的にはどのようなお仕事なんでしょうか?
 
藤森 弊社は電話やインターネットなどの、情報通信に欠かせない光ファイバー用の部品を中国や東南アジアから輸入し、通信会社や工事会社に販売する事業を行っています。部品にはコードやアダプタ、スプリッタといった数多くの種類があるんですよ。
 
宮地 現代の生活において、インターネットはなくてはならないものになっていますよね。でも、それを私たちが快適に使用できるのは、誰かが設備を整備してくださっているからこそだと思います。フォーカスさんの事業は、そのための部品を提供する、私たちの暮らしに欠かせないものなんですね。
 
藤森 そう言っていただけると嬉しいですね。私はもともと光ファイバー用の部品を開発する会社で、設計に携わってきたエンジニアです。そこではより効率的に、低価格で、スピーディーに部品をつくる方法を追求し続けてきました。ですから、現在でも部品の販売だけではなく、お客様のご要望に応じて部品の設計もしているんです。材質の変更による軽量化や、識別用に色を変えるといった、性能を向上させる工夫もしています。また、光部品の導入を検討している企業へのコンサルティングなども行っているんですよ。
 
宮地 なるほど。藤森社長はただ販売するだけでなく、お客さんのために光ファイバー用部品の付加価値を高めているわけですね。
 
glay-s1top.jpg
藤森 おっしゃるとおりです。この業界には部品の販売のみを専門とする会社も多い中、弊社は私自身がエンジニアだからこそ、お客様が求めるものに柔軟に対応できる技術力が強みなんですよ。弊社は「かゆいところに手が届く会社」をコンセプトに、お客様の要望にすぐに応えられるよう、迅速なレスポンスと密接なコミュニケーションを心がけています。
 
宮地 先ほども言ったように、藤森社長は、私たちが快適にインターネットを使用するために、いわば私たちの生活を支えてくださっている影の立役者だと思います! ぜひ、今後の目標をお聞かせください。
 
藤森 私は“エンジニアは堅物”というイメージを覆したいと考えています。ですから、今後も顧客ファーストで間口を広げ、より柔軟に対応したサービスをご提供していきたいですね。そして、大切なお客様のために、喜んでいただける仕事を、いつまでも続けていきたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分が考えた計画がうまく実行されたり、設計したものが商品として形になったりするのは楽しいですね。その結果、お客様に満足していただけたとしたら、それが私にとって最高の喜びです。
(藤森充)
 

:: 企業情報 ::

フォーカス株式会社

〒197-0833 東京都あきる野市渕上276-10 グランドール秋川202

ホームページ
https://www.focus-fo.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事