B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

3D技術で製造業に貢献
ものづくりを極めたい!

 

ものづくりのナンバーワン、オンリーワンへ

 
glay-s1top.jpg
名高 それでは、鈴木社長が事業に挑むポリシーをお聞かせください。
 
鈴木 現在、製造業の現場ではどんどん人を減らしています。でも、私はそのための機械はつくりたくないんですよ。いくら機械化が進んでも、その機械を扱うのは人の役目。人間が機械に操られるようになってはいけないので、私は人と一緒にものづくりを極めたいと考えているんです。この仕事を続けていると「人を減らすために機械を導入する」とおっしゃる方もいます。だからこそ、私は完成した製品をお渡しするときも、必ず人の手による管理が必要なことや、そのための方法などを丁寧にご説明していますよ。
 
名高 素敵なお考えだと思います。そうした鈴木社長の思いが、日本のものづくりを次の世代に伝えてくれそうですね。
 
glay-s1top.jpg
鈴木 弊社の理念の一つは、「ものづくりの楽しさを次世代に伝える」ことなんですよ。この理念を実現するため工場で中学生の職業訓練を開催したり、子どもたちを連れて仲間の会社へ行き、ロボットが稼働する工場のラインを見学したりしています。イベントに参加して、子どもたちの目の前で3Dプリンタからルービックキューブを製作し、一緒に遊んだときはとても楽しかったですね。
 
名高 そのようなご活動は、地域への貢献にもなりますよね。ご立派です。今後のご活躍も、期待していますよ。
 
鈴木 ありがとうございます。将来を担う子どもたちにこそ、ものづくりの楽しさや感動を知ってほしいですからね。弊社のコンセプトは「ものづくりのナンバーワンであり、オンリーワンを目指す!」です。私はこれまで、数多くの方々にお世話になり生かされてきました。今後も、そのご恩をお返しするためにも、目標に向かって走り続けていきたいと思います!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
従業員達と楽しんで働きながら、お客様の「ありがとう」の言葉をいただけることが、仕事の楽しみだと思います。
(鈴木一輝)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 フリースタイルデザインズ株式会社
■ 工場 〒410-0873 静岡県沼津市大諏訪814
■ 事業内容 3次元CADを使用した設計/3Dモデリングサービス/自動化設備・ロボット設備等の機械設計・製作・組み立て
■ 設立 平成27年1月
■ ホームページ http://www.fs-designs.jp