B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

保護者に開放的な環境で子どもたちを育む保育園
保育園なかよしROOM合同会社 代表 早川敦子

 
プロフィール 埼玉県出身。短期大学で保育士の資格を取得。卒業後、社会福祉法人が運営する保育園で18年勤務する。結婚し、子育てが一段落した頃に飲食業に転身。群馬県、埼玉県、茨城県で計3店舗を経営した。その後、友人の勧めで保育士に復帰。勤務先の保育園で園長に就任し、保育環境の改善に尽力する。2014年、より自分らしい保育園を実現するため、保育園なかよしROOM(同)を設立した。【ホームページ
 
 
 
認可外保育園に対し「保育環境がよくないのでは?」、「きちんと子どもを見てくれるだろうか?」と不安をいだく人もいるかもしれない。だが、保育園なかよしROOM(ルーム)合同会社が運営する施設を知れば、そのようなイメージは変わるだろう。同社の代表である早川敦子園長は豊富な人生経験を持ち、子育てに悩む保護者にとっても、まるで母親のように頼りになる存在だ。そんな早川園長に、幼児保育にかける思いをうかがった。
 
 
 

笑顔と音楽の絶えない保育園

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 埼玉県戸田市で保育園を運営する、保育園なかよしROOM合同会社さん。まずは詳しい事業内容からおうかがいします。
 
早川 弊社は2014年に保育園なかよしROOMを開園し、2017年には同園のすぐ近くに姉妹園を、さらに2018年には東京都墨田区にも姉妹園を開園しました。現在はこの3つの保育園を運営しており、そのうち1つは政府の子育て支援制度に基づく企業主導型保育事業の認可を受けています。どの施設でも“少人数でアットホームな家庭保育”をコンセプトにしているんです。また、食育や礼儀作法、そして当園独自のカリキュラムである「リトミック」にも力を入れています。
 
 リトミックとは初めて聞きますね。どんなカリキュラムなのでしょう?
 
早川 音楽教育の一つです。子どもたちが自分で楽しみながら、自らの意思で学んでいく情操教育の手法で、音楽と動きを融合した教育スタイルが特長なんです。曲に合わせて手遊びや体操を行うことでリズムを取り、表現力を養います。幼児期は見る、聴く、触れるなど、身体全体を使って学び取っていきます。ですから、子どもたちの思考や感性を育てるためにとても有効なんですよ。
 
 なるほど、だから子どもたちの賑やかな声のほかに、音楽も一緒に聞こえてくるんだ! そんなユニークな取り組みをしているなかよしROOMさんに、ますます興味が湧いてきました!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事