B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

コンタクト情報を集約し眼科の業務効率化を支援
サクラビジョン株式会社 代表取締役社長 吉田正司

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 サクラビジョン株式会社さんでは、コンタクトレンズに特化したシステムソリューション開発・提供を行っておられるそうですね。
 
吉田 はい。私は長年、コンタクト・眼科関連の業務に携わっておりました。診療現場での経験とエンジニアリングとしてシステム構築の実績を持って2018年に起業し、現在は眼科のコンタクト処方をサポートする「アイシス」というシステムを扱っています。ちなみに、宮地さんはコンタクトを装用していらっしゃいますか?
 
宮地 以前は使っていました。
 
吉田 どんなメーカーの、何という製品を使っていたか、覚えていますか?
 
宮地 うーん、覚えていないというか・・・当時からあまりメーカーなどを意識していなかったのかもしれません。
 
吉田 コンタクトは100種類以上あって、しかも毎年新製品が発売されています。そのため、たいていのユーザーさんは自分が何という製品を使っているか覚えておらず、目に異常が起きた際やコンタクトレンズの変更希望などで眼科を受診されても、診断に必要な情報が正確に伝えられません。カタログを見せられて、ようやく「あ、これです」ということも多いんですよ。
 
宮地 そもそも、コンタクトが100種類以上もあるなんて知りませんでした。もちろん、それぞれ特徴が異なるのでしょうけれど。
 
glay-s1top.jpg
吉田 はい。ハード、ソフトの違いや、装用時間、通気性、色、価格などさまざまです。眼科では通常、こうした多岐にわたるコンタクトの情報を、メーカーが提供する紙の資料で管理しています。たくさんの資料の中から該当する資料を探し出すのには手間がかかり、多忙な医師や看護師の時間を取ってしまう。結果的に、患者さんを待たせることにつながるし双方にとって無駄な時間ですよね。
 
宮地 抗生物質などの薬の情報は、全メーカーとまではいかないにしても、コンピュータで管理されていますよね。
 
吉田 そうなんです。弊社で開発したアイシスは、各メーカーが販売するコンタクトの全データを網羅し、タブレットを通じて提供します。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事