B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

物に込められた思いまで
深く汲み取り遺品を整理

 

海外や福祉への事業展開も視野に

 
タージン よければ、今後のビジョンについてお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
寺本 今後の展望としては、一般社団法人日本古物リサイクル協会の設立です。目的は、優良な事業者だけの団体を確立し、日本の悪徳業者を撲滅させること。そして一般市民の方々に安心して出張買取りを利用していただきたい思いが強いです。また、風評被害に遭われている健全な買取業者さんの救世主となり、業界そのものの発展にも尽力したいと考えています。
 
タージン 業界全体の発展を視野に入れておられるとは素晴らしいです。長期的に考えると、暮之助さんとしても、さらなる発展が望めそうですね。
 
寺本 そうですね、ビジネスモデルは無限に広がります(笑)。また、代行業や不動産業など現在の事業に関連する新規事業など、リサイクルや遺品整理の事業からもいろいろと派生させていきます。身体障がい者への就労支援や海外でのリユース事業も手がける予定です。日本では不用品として廃棄される物でも、東南アジアなどでは重宝される場合がありますからね。
 
タージン 海外からリサイクル事業のノウハウを学びに来る人がいるかもしれないし、そうなれば海外へのフランチャイズ展開も考えられます。夢が広がるなぁ! 白石さんは、どのようなビジョンをお持ちですか?
 
glay-s1top.jpg
白石 私は高齢者への支援に関心があるので、事業の一つとして、福祉関連のサービスを手がけたいですね。
 
タージン お二人とも発想が非常に自由で素晴らしいです。
 
寺本 日頃から、「自分はリサイクル業者」と職業を限定して考えていません。リサイクルショップ暮之助の軸はぶれさせず、これからも柔軟な姿勢でさまざまなビジネスに臨みたいと思っています。
 
タージン その軸とは、ずばり「人を喜ばせること」ですね。寺本代表のお話は、どれも軸がしっかりしているので、大きな夢でも現実的な目標に感じます。今後も、多くの人を喜ばせながら成長していってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事とプライベートのオン・オフがないので、遊んでいる最中も仕事のことを考えてしまいます(笑)。仕事を仕事と捉えず、趣味の領域で取り組んでいるからこそ、楽しめているのでしょうね。
(寺本修也)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 リサイクルショップ暮之助/遺品整理くらのすけ
■ 所在地 〒678-0171 兵庫県赤穂市高野536-16
■ 事業内容 リサイクルショップ/遺品整理業
■ 設立 平成27年6月
■ 従業員数 1名 登録スタッフ6名
■ 主な取引先 株式会社東洋環境センター/株式会社JPアドバンス
■ ホームページ http://ako-kuranosuke.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事