B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

どんな依頼も断らない
なにくそ根性の鳶職人

 

不可能を可能に変えてこそプロの鳶職人

 
glay-s1top.jpg
狩野 大がかりな工事を手がけるとなると、協力工務店さんをはじめ取引先との付き合い方も重要になってくると思います。髙藤組さんでは、どのようにコミュニケーションをとっておられますか。
 
髙藤 工務店さんとは、お互い言いたいことはきちんと言い合える関係が築けています。長い付き合いになると、担当者に合わせた足場をつくることもできますよ。
 
狩野 以心伝心の間柄なんですね。それだと担当者も頼みやすいでしょうね。いちいち細かい説明をする手間が省けて、工務店さんも気持ちよく仕事ができそうだ。
 
髙藤 基本的に、私はご依頼に対して「NO」という返事をすることがありませんしね(笑)。他の業者さんが断るような難しい依頼も引き受けますよ。どんな現場でも、できないことはないと思っていますからね。これまで培ってきた技術と知恵を集結すれば、必ずできると信じています。
 
狩野 何とも頼もしい限りです! 難しい依頼を乗り越えられた例として、どのような現場がありましたか?
 
髙藤 お城のお堀に掛けられた古い桟橋の撤去です。さすがに最初見た時は無理なんじゃないかと不安になりました。でも、父の「やってみよう」の一言で決まりましたね。あらゆる方法を考え、試行錯誤の末、自分の持てる力をすべて出し切って成し遂げました。
 
狩野 力技で押すのではなく、試行錯誤するところがプロフェッショナルですね。
 
glay-s1top.jpg
髙藤 もちろん、膨大な費用を掛ければ、もっと簡単にできるでしょう。でも、お客様の予算内で何とかするのがプロだと思っています。他の業者ができないような仕事をやり遂げることが大事ですし、間違いなく勉強になり、自分のかけがえのない経験として次に活かせますからね。
 
狩野 それは髙藤組さんの大きな強みですね。
 
髙藤 そうですね。また、北は北海道から南は九州まで日本全国どこでも施工できることも強みだと思っています。もちろん、低価格、高品質は保証しますよ。  
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事