B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

アトリエの名に相応しい 
高クオリティの歯科治療

 

カウンセリングに充分な時間をかける

 
glay-s1top.jpg
川﨑 近頃の若い人は、おしなべて口元がキレイな印象です。芸能人に限らず、一般の方でも歯が白く、歯並びも整っていますよね。
 
小笠原 ホワイトニングなど審美歯科が浸透してきたことが背景にあるかもしれませんね。また、「予防」という意識が根付いてきたことも理由に挙げられます。昔は、痛くなったら歯科医院に行くという方がほとんどで、来院時には虫歯が相当進行しているケースも少なくありませんでした。近年では予防のため定期的に歯科医院に来られる方も多く、虫歯そのものも減っているんです。
 
川﨑 八重歯の人もあまり見かけなくなりました。昔は八重歯の女の子がモテたものです(笑)。
 
小笠原 わかります(笑)。ですが、歯並びが悪いと歯磨きが行き届かず、虫歯や歯周病にかかりやすいんですよ。また、矯正治療は子どもの頃から始めたほうが負担が少ないので、矯正される方が増えています。
 
川﨑 僕も早く治療しないとなあ。忙しいのも事実ですが、「歯医者は恐い」というイメージが先行して、気乗りがしないというのが正直なところなんですよね。
 
小笠原 過去に治療でつらい思いをした方の中には、川﨑さんのようにトラウマになっている方もおられます。でも、最近は歯科医も無痛治療に取り組んでおり、当院でもできるだけ患者さんに負担やストレスがかからないよう心がけているんですよ。
 
glay-s1top.jpg
最新設備をそろえた清潔感のある空間
川﨑 私のように、治療に消極的な人が来院したら、どのような対応をなさるのですか?
 
小笠原 どの患者様に対しても、治療前にしっかりとお話をさせていただいています。「治療をする」というスタンスではなく、「治療しなくてすむような状態にする」ことを目標にし、納得していただいたうえで治療を行っているんです。また、患者さんに頑張って通院していただけるよう、スタッフもケアに努めていますよ。
 
川﨑 治療をしなくてすむ状態にする? どういう意味でしょう?
 
小笠原 応急処置的な治療をしてしまうと、詰め物が合わなかったり、すぐに外れてしまったりして、数年後に治療をやり直すことになるケースが多いのです。そのため、時間はかかっても、歯を長持ちさせるための治療を行うよう、患者さんにはお話ししています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事