B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 城南整体院さんは、2017年7月に開院されたばかりだそうですね。堺院長は、理学療法士と鍼灸マッサージ師の国家資格をお持ちだとか。理学療法士の資格を持つ整体師さんって、珍しい気がします。
 
堺 そうですね。通常、整体院を開業する際に、必須となる国家資格はありませんからね。そもそも私の場合、最初に志したのはスポーツトレーナーでした。24歳の時に専門学校に入学し、鍼灸マッサージ師の資格を取ろうと考えていたんです。治療分野の知識を持ったうえで仕事をするほうがいいと思ったので。でもある時、学校のカリキュラムで病院見学に行った際に、理学療法士という仕事を知りました。怪我や病から回復する患者様を見るうちに、この資格を取って治療に携わりたいと思うようになったんです。
 
川上 それで理学療法士の資格を取られたんですね。その後はどうされたのですか?
 
堺 外来専門のリハビリテーション病院で、2年勤めました。その後は、急性期と慢性期を兼ねた病院に14年、最後は急性期の病院に5年在籍。その間、リハビリテーション科で整形外科、脳外科、形成外科、外科、内科、循環器科の患者様を治療しました。
 
川上 すごいですね、経験豊富でいらっしゃるんだ。21年間の病院勤務の後、独立されたのは、何かきっかけがあったのでしょうか。
 
堺 次第に管理業務が増え患者様一人ひとりに接する時間が激減してしまったからです。もっと丁寧に患者様に向き合いたかったので、独立・開院を決めました。
 
川上 患者さんはどのような方が多いのですか?
 
glay-s1top.jpg
堺 病院勤務時は手術後など重症度の高い患者様が中心でしたが、今は首や肩、腰、膝などに慢性的な痛みを感じるという方が多いです。その痛みがどこから来るのか筋肉や神経関節などとの因果関係を的確に捉えて施術することで、改善につなげています。
 
川上 理学療法士として経験豊富な堺院長のきめ細かい施術を受けられるのだから、痛みが続いて辛いという方にとって、城南整体院さんは頼もしい存在ですね。
 
堺 ありがとうございます。長年痛みに苦しんでいた方が、「すっかり良くなりました!」と笑顔を見せてくださった時は、この上ない喜びを感じます。定期的に体のメンテナンスを行えば症状の悪化は防げますから、ぜひお気軽にお訪ねください。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
施術に携わる中で、患者様の喜ぶ顔を見ることが一番嬉しいですね。痛みが改善し、これまでできなかった動作ができるようになって、明るくなった顔を見られることが、この仕事の一番の楽しみです。
(堺純悦)
 

:: 事業所情報 ::

城南整体院

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビル2F

ホームページ
https://seitai-riha.jimdo.com/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事