B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 和歌山県出身。高校時代は野球に打ち込む。近畿大学卒業後は食品・衣料品量販店の店長として活躍。その後JAへ就職し、和歌山県下のJAの中でもトップクラスの営業成績を誇った。2004年に独立し保険代理店Kansako Agency Inc.を設立。一人ひとりの相談者に最適な保険プランを提案するために、ヒアリングと訪問型サービスを重視した営業を行う。今なお営業成績を伸ばし続け、和歌山県下の全生命保険会社の中で上位を猛進中。【ホームページ
 
 
 
Kansako Agency Inc.(カンサコエージェンシーインク)の間佐古泰寛代表取締役は、和歌山県の保険業界の営業マンとして数々の依頼者に保険プランを提案してきた。大手保険会社の営業部に誘われるもそれをあえて断り、保険代理店を設立。それは間佐古社長が「一人ひとりのお客様に最適な保険プランをお届けする」ことを第一に考えていたからだ。ヒアリングや訪問サービスを重視する営業スタイルも、その考えた方が反映された結果である。今回は仕事に対する真摯な熱意を語ってもらった。
 
 
 

和歌山県の全生保会社でトップの営業成績

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 相原勇 (タレント)
相原 保険代理店Kansako Agency Inc.の間佐古社長と、林久仁彦営業部長にお話をうかがいます。まずは、間佐古社長のご経歴から教えてください。
 
間佐古 食品・衣服の量販店の店長を経て、和歌山県御坊・日高エリアのJAに就職しました。営業職が性に合っていたらしく、営業成績は常にトップクラス。和歌山県内の全てのプランナーの営業成績を考慮してもトップレベルだったんですよ。とはいえ、おかげさまで成績は伸び続けて、県下の全生命保険会社の中で上位を維持しており、常に今がベストといった状態ですね。
 
相原 それはすごい! 業界内で相当なキャリアを築かれてきたわけですものね。独立は、どのタイミングで?
 
間佐古 大手保険会社の営業部に誘われたものの、自身で保険代理店を運営したほうが企業の方針やノルマに捕われず幅広く提案ができると思い、2004年に独立しました。そして昨年2016年1月から、有田のJAで営業担当として働いていた親戚の林も弊社に加わりまして。彼は営業成績がよく、評判も高かったんですよ。
 
林 大手保険会社からも声をかけていただいていたもので、こちらに誘われた際は悩んだんです。でも、1社の商品のみを扱うよりも仕事の幅が広がると思い、こちらに転職を決めました。
 
相原 そうして、ついに精鋭がそろったんですね! ところで、御社ではどういった会社の保険を扱っておられるのですか?
 
間佐古 アメリカンファミリー生命保険会社、メットライフ生命株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、東京海上日動あんしん生命保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の5社の商品ですね。
 
相原 なるほど、いろんな保険会社を扱っていて、お客さんのニーズに合わせた幅広いプランが組めそうです!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事