B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

優れたドライバーを擁し 
全国を駆け巡る運送会社

 

若手ドライバー育成のため社宅を購入

 
glay-s1top.jpg
 決して自分の力を過信せずに、スタッフの皆さんに感謝の気持ちを忘れない船橋社長だからこそ、素晴らしい仲間に恵まれたのでしょう!
 
船橋 ありがとうございます。また、弊社は事故が非常に少ない会社なんですよ。運送会社においては、たった一度の交通事故で信頼を失い、経営が傾くこともあります。ですから、月に一度ドライバーを全員集めて安全教育を行っているんです。
 
 僕は道路でトレーラーが走っているところを見ると、「あんな巨大な車をよく運転できるものだ」と驚いてしまいますよ。
 
船橋 私もたまに、回送車を自分で運転することがあるんですよ。そのときは幹線道路を走るだけなので問題ありません。でも、ドライバーたちは日々の輸送で、狭い道路でも事故を起こさず当たり前のように運転しているんです。普通の乗用車ならともかく、あんなに大きいトレーラーをよく操れるものだと感心します。
 
 それが、技術というものなんでしょうね。
 
船橋 ええ。毎日、無事故で帰ってきてくれることに感謝していますよ。
 
 先ほど、スタッフはベテランぞろいというお話がありました。そうなると今後は、若いドライバーの育成が重要になりそうです。
 
船橋 おっしゃる通りです。そこで弊社は今年、2016年4月に思いきってこの社宅を購入しました。
 
glay-s1top.jpg
キレイでオシャレな社宅。会社へのアクセスも抜群だ
 そういえば、今日、お邪魔しているのは総和運輸さんの社宅なんですよね! 本社のある大井町駅から徒歩5分という便利な立地です。社宅を用意した狙いを教えていただけますか。
 
船橋 近年、首都圏では車に乗らない、免許も取らない人が増えています。トレーラーを運転できる人材を育成するのが難しい時代になったんですよ。ただ、地方に目を向ければ車に乗る生活が当たり前で、多くの人が普通免許を持っている。頑張って大型免許を取り、ドライバーとして一旗揚げたい若い人を応援するには、社宅の存在が不可欠になってきたんです。もしよろしければ、城さんを部屋へご案内したいのですが。
 
 ぜひ、拝見させていただきます! ・・・なるほど、この部屋は8畳くらいありますね。社宅としてはかなり広いのではないでしょうか。天窓があってオシャレだし、とても住みやすそうですよ!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事