B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 静岡県出身。公認会計士を目指して会計コンサルティング会社に就職。同社で社内LANを導入する際、担当者になったことからインターネットに強い関心を抱く。社会的にもインターネットの需要が高まる中、(株)ライブドアの前身である(株)オン・ザ・エッヂに入社。ホスティング事業部の責任者を務めるかたわらで営業・人事・財務などの業務も担った。その経験を活かし、2007年に(株)ディレクターズを設立。【ホームページ
 
 
 
ホスティングサービスなどのサーバ事業を手がける株式会社ディレクターズでは、約1200台のサーバを所有し、優秀なエンジニアが顧客のデータを24時間管理している。スタッフと共に現場業務をこなしてきた加藤慶代表取締役は、リーダー役を担うスタッフが定着したこともあり、今は新事業確立のために準備中だ。2016年の設立10周年目に向け、事業拡大のためのユニークなアイデアは尽きることがない。
 
 
 

サーバを守る専門家集団

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 B-plusに5度目のご登場というディレクターズさんは、ホスティング事業、サーバ証明書取得代行事業、メディア事業などのサーバ業務を手がけておられるそうですね。
 
加藤 はい。わかりやすく言うなら、インターネット上の仮想空間に建物をつくったり、道路をひいたりする仕事です・・・と言ってもわかりづらいですよね(笑)。
 
水野 いいえ、私、こう見えても学生時代、情報処理を専門にしていたんですよ。今は全く縁のないタレント業をしていますが、パソコンが好きで、いつもノートパソコンを持ち歩いています。
 
加藤 そうでしたか! 私は学生時代、公認会計士を目指していたんです。畑違いの仕事に就いたという意味では水野さんと同じですよ。
 
水野 会計士志望!? どういったきっかけでIT業界に?
 
加藤 会計コンサルティング会社で働いているときに、社内LANを構築する計画が持ち上がりまして、その担当者になったんです。今ではどこの会社でも整備されている社内LANも、当時としては先鋭的で、システムを構築していく中で強い関心を抱きました。それが高じてコンサル会社を辞め、オン・ザ・エッヂという会社に入社したんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事