B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

トピックスTOPICS

ビジネス 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート vol.12 若いうちの謙虚さは、なぜダメなのか 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート 経営コンサルタント/サトーカメラ代表取締役専務

ビジネス
皆さんこんにちは。佐藤勝人です。いやー、スポーツの秋ですね。私も先日パーソナルトレーニングで、イテテテ、張り切ってやりすぎたかな。背中かどっかを痛めたんだろう、3日ぐらい頭痛が収まらなかった。どうぞ、皆さんはほどほどに・・・。
 
 

みんな多様性多様性と言うけれど

 
和歌山で見た津波避難のマーク
和歌山県で見た津波避難所のマーク。
こんなの初めて見た。52年も生きてきても
世の中は知らないことだらけ。だからおもしろい
さて今回は、編集部のリクエストで、日本商店会主催の浅草橋ヒューリックホールでのチャリティー講演会について、「多様性」というテーマで私がどんな話をしたか聞きたいということなので、その話から。
 
多様性だ、ダイバーシティだ、ってみんな言いますが、私に言わせれば、それが実現できてるところなんてほとんどありませんよ。だって、考えてみてください。多様性を実現するためには、いろいろな従業員を受け入れられるだけの度量が経営者の側にも必要だ。性格、考え方、育った背景・・・人はそれぞれ全部違う。でも、今の世の中の人材採用やマーケティング論は「排除の論理」ばかりだ。異分子は排除しろ、尖ったやつは来てくれなくていい、従業員は自分にとって都合の良い従順な人間で固めたい。うるさい客はいらない、客を選ぶ権利だって企業側にある。――それが今の経営のトレンドだろう。
 
でも、そうやって選別していった先に何が残るのだろうか? 言っとくけど、我々のような中小企業こそ、そうやって排除される側の人間をどう扱うかが重要なわけですよ。だって、エリートはみんな大手に行っちゃうから。私たちは残りのデコボコ――それこそ世間で言うポンコツ人間を寄せ集めて、個々を尊重しながら育成していくしかないんですよ。逆にそこが中小企業最大の強みだと思うんです。
 
そう思うから、サトーカメラは人材採用でも選り好みしません。基本の読み書きができ、人と話ができ、普通の社会人としてのモラルを備えていれば迎え入れて育てます。また、そのほうが結果的にもいいんです。なぜって、お客さんの側も同じで、大手のビジネススタイルに飽きた人たちがたくさんやってくるから。マイナー好きだとか、買うまでに延々迷う人だとか、オタクだとか、茶髪や金髪にピアスにタトゥーだって、それは来ますよ。それらを全部含めて県民であり地域であり、お客さんですからね。いっぽうで会社役員さんや、一般的に言う上品なお客さんももちろん来ますよ。そういう地域住民の、老若男女、千差万別の人たちの、それこそ“多様”な価値観に応えて個々の「想い出をキレイに一生残すために」を実現するためには、企業側の都合で金太郎飴みたいな従業員ばっかりそろえていては、絶対に地域対応ができないんですよ。今日この会場に来てくださっている皆さんの会社はどうですか?
 
――と、大体こういう話をしました。
 
いや、実際そうだと思うよ。指導先の社長からも打ち明けられたことがあって、社長いわく、「うちは体育会系の人間しか採用しない」んだって。彼らは単純だから、「やれーっ! いけーっ!」と気合いを入れれば一致団結して頑張ってくれる。だから扱いもラクなんだそうだ。でも、全員が同じようなタイプばかりになっちゃって、事業としては限界が来てるんですよ。特に、見識の広い柔軟なタイプの経営幹部が育たない。かといって、サトーカメラみたいに今さらいろんなタイプの人材を迎え入れるのは怖くてできない。現場だって自分たちが扱いやすいタイプじゃないと使う自信がない・・・。その社長は深刻にそう打ち明けてくれた。
 
わかる、わかるよ社長。でも、そこはやっぱり、思い切って自分が自分の殻を破らないとしょうがない。じゃあどういうふうに考えれば殻を破れるかだけど・・・。
 
 

「謙虚」なんていうのは隠れ蓑

 
その前にもう一人、とちぎ勝人塾に参加してくれた20代の元社長の話をしよう。彼は奥さんからいつも、「あなたは人として何かが欠けている。もっと謙虚になりなさい」と言われているんだそうだ。彼は一度東京で起業したんだが、上手くいかなくて潰しちゃって、奥さんの実家が栃木だから数年前に栃木に来て、今は奥さんの実家でくすぶっている男だ。それで勝人塾に来て「自分には謙虚さが足りないから・・・」なんて言っていたんだが・・・。
 
でもさ、直接話していると、私にはわかっちゃうのよ。彼の本性が。彼の生い立ちもあって「天下を取ってやる! 世間を見返してやる!」というものすごい反骨精神を胸に秘めていることが。だから言ってあげました。「お前みたいな、なんの力もない20代の若者が、その生意気をやめてどうする! 牙を抜かれてどうする! お前は今、女房に飼いならされかけているんだぞ。それでいいのか!」ってね。
 
私が思うに、「謙虚」というのは、本当に財力も権力も能力もある人間が使う言葉だと思うよ。力のない君みたいな若者が生意気じゃなくなったらどうする? 生意気でいいじゃないか。ただし、そこで大事なのが勉強だ。とことん生意気でいたければ、人の3倍も5倍も10倍も、勉強も仕事もすればいいんだよ。
 
その結果、世間を見渡したら、自分が知ってることなんてほんの小指の先ぐらいのもので、世の中には知らないことの方が圧倒的に多いことにも気付かされるはずだ。若いうちから「謙虚」を目指すなんていうのは、自分より強い人間に一発打たれたぐらいでハイ終り、そこから勉強もしなければ仕事もしない、ヘタレ野郎のすることなんだよ。そんなことを覚える必要はない、それよりも反骨心を燃やせってんだ。若い時こそ生意気になるくらい勉強して働けってんだ。若い時は生意気な奴ほど出世し成長し成功するものだよ。
 
 

いい人ぶるな! 生意気でいけ! もっと勉強しろ!

 
自分が扱えるタイプ以外の人材が怖くてとれない社長も、「謙虚」で飼いならされていた若者も、要は自意識過剰なんだと思う。相手が誰だろうがバカにされたっていいじゃないか。その瞬間は恥ずかしいかもしれないが、現場叩き上げの辣腕が「それ知らなかった。お前詳しいな。教えてくれ」と正面から向き合ったら、相手は“オッ”と思うよ。むしろ、“この人は、やっぱり違うな”と見直すはずだよ。何人も社員を統率してきたのは伊達じゃない。そこは自分に自信を持つべきだ。
 
とはいえ・・・実は私自身も、40代までは自意識過剰になる瞬間が多々ありました。人の話を知ったかぶりしそうになったときもありました。そのたびに、「ヤバい、俺今思い上がっちゃってる。ちゃんと聞こう」と思って知らないことはその場で尋ね返し、質問し、その場で学ぶようにしてきました。そうしてきて本当に良かったと思います。
 
だってさ、話の内容がわからないから意見もせず大人しく聞いている姿は、傍からは「謙虚」に見えるんだよ。そのうちに、人によっては「謙虚」の意味を履き違えて、「自分にはわからないが、どうせ大した話じゃないだろう」と人の話を都合よく判断してその場をやり過ごすことを覚えてしまう。そうやって勘違いした「謙虚」のポーズが癖になれば、相手からは生意気だと思われて損することもないし、何か自分の知らないことに出くわしても、人に聞いて恥をかいたりしなくて済む。――でもそれは「謙虚」ではないよね。むしろ「傲慢」だ。
 
私が若者に向かって「謙虚になれ」という言葉をかけるのが大嫌いな理由はそこなんだ。いい人ぶるな! そのためにもっと勉強しろ! もっと仕事しろ! 声を大にして言いたいね。「若者こそ生意気たれ!」ってね。
 
-2017年10月後半~11月の勝人塾-
経営者の悩みを即解決! 少人数制・公開コンサルティング形式の経営者のための勉強会「勝人塾」。10月後半~11月は下記日程で行います。当日参加、大歓迎!
 
10月後半~11月の勝人塾
10月19日~25日アメリカ商業視察セミナー
11月15日新潟勝人塾
11月17日商業界チラシセミナー
11月21日大阪勝人塾
11月22日岐阜勝人塾
11月24日東北勝人塾
11月30日栃木勝人塾
 
詳細はこちら
 
 
繫盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
vol.12 若いうちの謙虚さは、なぜダメなのか

 著者プロフィール  

佐藤 勝人 Katsuhito Sato

サトーカメラ株式会社・代表取締役専務/佐藤商貿(上海)有限公司・総経理/日本販売促進研究所・経営コンサルタント/作新学院大学・客員教授

 経 歴  

1964年栃木県宇都宮市生まれ。1988年、兄弟とともに家業のカメラ店をカメラ専門チェーン店に業態転換させ、商圏をあえて栃木県内に絞ることにより、大手に負けない経営の差別化を図った。以来、「想い出をキレイに一生残すために」というコンセプトを追求し続けて県内に18店舗を展開。同時におちこぼれ社員たちを再生させる手腕にも評価が高まり、全国から経営者や幹部リーダーたちが同社を視察に訪れている。2015年からはキャノン中国とコンサルティング契約を結び、現場の人材育成の指導にあたる。主な著書に『売れない時代はチラシで売れ』『エキサイティングに売れ』(以上同文館出版)『日本でいちばん楽しそうな社員たち』(アスコム)『一点集中で中小店は必ず勝てる』(商業界)など。最新刊『断トツに勝つ人の地域一番化戦略』(商業界)が好評発売中。

 オフィシャルサイト 

http://satokatsuhito.com/

 オフィシャルフェイスブック 

https://www.facebook.com/katsuhito.sato.3?fref=ts

 サトーカメラオフィシャルサイト 

http://satocame.com/

 
 
(2017.10.18)
 

関連記事

最新トピックス記事

カテゴリ

バックナンバー

コラムニスト一覧

最新記事

話題の記事