B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

スピード施工が自慢!
職人の安全守る足場工事

 

業務効率化でスピード施工・コスト削減

 
glay-s1top.jpg
狩野 お話をうかがっていると、清水商会さんは安全面とスピードを兼ね備えている点が強みなのだと感じました。やはり早めに足場が組み終われば、その後の工程を担う工事会社がスムーズに作業できますもんね。
 
清水 ありがとうございます。足場工事は現場の進行に大きく影響するポジションですし、さまざまなケースを想定して準備を入念に行うことが肝心ですからね。
 
狩野 野球でいえば試合の流れをつくる1番バッターのような存在ですね! 足場を組み立てる際に心がけていることは何でしょう?
 
清水 現場ごとにヒアリングなどを通じて、作業を行う職人さんにとって仕事をしやすい足場をつくるよう努めています。職人さんによって足場の好みも違いますから、そういった働き手の意向も汲みながら、足場施工に活かしています。
 
狩野 まるで足場のオーダーメイドといった感じですね。他に施工のこだわりはありますか?
 
清水 私たちは「くさび式足場」にこだわって組み立てております。これは一定間隔に緊結部を備えた鋼管を支柱として、手すりや筋交いなどを支柱の緊結部にくさびでつないでいくタイプの足場で、ハンマー1本で簡単に組み立てられるんですよ。そのため、工期も短縮できるんです。ぐらつきや揺れに強く、安全性もとても高いんですよ。
 
狩野 ここにもスピード施工のカギがあったんだ! 業務効率化を目指しながらも、現場ではしっかりと高い施工技術を活かしておられるんですね。それでは最後に、今後の目標をお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
清水 やはり私たちの仕事はお客様ありきですので、今後も元請け様や施主様、そして現場近隣住民の方へ配慮した行動を重視していきます。身なりや服装は清潔感を保ち、挨拶をするときは元気よく笑顔で、そして作業後の後片付けを徹底してすることですね。それに付随するかたちで、コンプライアンスの強化にも取り組んでまいります。現場での対応力や判断力にもより磨きをかけていきたいですね。
 
狩野 足場は最後には形が残らないものではあるけれど、職人さんの安全を守るためになくてはならないものですよね。野球でいうと、グラウンド整備に似ている気がします。プロの整備士さんがいるからこそ、プロ野球選手も安心してプレーに集中できるんです。形が残らない仕事に全力で挑む美しさに、多くの人にぜひ目を向けてほしいと思いました。私も応援していますので、スタッフの皆さんと一緒に頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
職人さんの嗜好にピッタリと合った足場をつくれたときは、仕事のやりがいを感じますし、楽しいですね。
(清水充)
 
 ::  事業所情報 :: 
  ■ 事業所名 清水商会
■ 所在地 〒639-0252 奈良県香芝市穴虫964-3
■ 事業内容 仮設足場組み立て・解体工事
■ 設立 平成28年12月
■ ホームページ https://s-shoukai.amebaownd.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事