B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

タグ別TAG

タグ:ビジネス

  • 動き出したラストワンマイル ~1億総荷主時代の社会インフラをどうするか~ 今月1日、関東の運送会社23社が加盟するラストワンマイル協同組合がサービスを開始した。まずは理事長企業であるデリバリーサービス株式会社の担当エリアでのトライアル営業だが、同組合が提供する新しい配送サービスの在り方に、大いに関心が寄せられているようだ。

  • 新法施行前に民泊について考える ~民泊ビジネスと本来の民泊を区別せよ~ 住宅宿泊事業法(民泊新法)が、いよいよ6月15日に施行される。先々月3月15日からは、民泊ビジネスを行うにあたって新たに義務づけられた登録の受付が全国の自治体で始まったが、4月13日の時点で集まった届け出は仲介事業者が22件、物件管理者は284件にとどまった。いっぽうで大手仲介サイトに掲載されている物件数は6万件以上あるというから、単純に物件管理者の数で割っても登録率は0.4%。ほぼゼロだ。もしこのまま届け出が低調に終われば、知らないまま違法営業に突入する事業者が続出する。

  • SDGs待ったなし!「持続可能な開発」に取り組め~差別化戦略はCSRからCSVへシフト~ 11月8日現在、政府の肝煎りで第1回の公募が行われている企業および団体への表彰制度がある。「ジャパンSDGsアワード」だ。応募の〆切は11月21日。その後、SDGs推進円卓会議による選考を経て「SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞」と「SDGs推進副本部長(内閣官房長官及び外務大臣)賞」が、12月下旬に表彰される。

  • 気になるレンタル●●調べました vol.2 「家具レンタル」 バラエティに富んだレンタルビジネスの中から、特に気になる「レンタル●●」をピックアップしてご紹介するこの企画。第2回は、大手企業も多数手がける「家具レンタル」に注目します。

  • 気になるレンタル●●調べました vol.1 「おっさんレンタル」 この数年で、急速に幅が広がっている、レンタルビジネス。今や、レンタルできる内容も、定番の本やCDにはじまり、車や家電、オフィスまで、多岐にわたります。中には、「こんなものまでレンタルできるんだ!?」というようなものも。そこで、ちょっと気になるレンタルビジネスの実際の需要や、利用者のメリット、さらには業界ならではのエピソードなど、ご紹介したいと思います!

  • 月刊ブックレビュー  vol.36 『UXの時代 IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか』 『UXの時代』のUXはユーザーエクスペリエンスの略表記。「顧客体験の時代」と訳せるこのタイトルは、「自社の製品やサービスで顧客がどんな体験ができるかを最優先に考える企業が伸びる時代だ」という意味で受け取ると、微妙に違います。著者の松島聡氏が本当に訴えているのは、「ユーザーはもはや、自分が求める物、サービス、体験は自分で生み出し、満たそうとする。それを助けるツールやサービスが評価される時代だ」ということです。最近ではLINEの田端信太郎氏が広告ビジネスについて発したメッセージも同じ趣旨でした。

  • ダイレクトトレードの世界 ~農産品の国際取り引きにおける新潮流~ このところ「ダイレクトトレード」という言葉を耳にするようになった。以前よりあった「フェアトレード」のカウンターカルチャー的に出現した、主にコーヒー業界で多く見られる動きだ。いささか強引にフェアトレード認証団体を“世界農協”とするならば、ダイレクトトレードは“農家直取引”であろうか。品質を追い求めた結果、卸業者や販売店が個別に生産者と直取引するに至った取引方法の一つだ。

  • お菓子なビジネス戦略! vol.3 ホワイトデーで一目置かれる男に ビジネスシーンで活かせるお菓子を紹介する「お菓子なビジネス戦略!」。バレンタインに職場でチョコをたくさんもらった男性もいらっしゃるでしょう。義理チョコの数も、人気のバロメーターと考えると悪い気はしませんよね。しかし「あー、おいしかった」で済まないのが日本のバレンタイン。そう、3月は、恐ろしいことに、これまた日本独自の“バレンタインのお返しをする日”――ホワイトデーがやってきます。

  • 三陸気仙沼の美味と稀少味、知らなかったおいしい世界を提案! ネットショップ「まぐろの目玉」 クリエイティブディレクターの永澤仁さんが、地元である気仙沼の魚市場に集まった魚貝を生のまま真空パックでお届けするショッピングサイト、「まぐろの目玉」をスタート。

  • お菓子なビジネス戦略! vol.2 チョコの差し入れで活力UP 毎回ビジネスのシーンごとにおすすめのお菓子をご紹介する「お菓子なビジネス戦略!」。2月といえば、バレンタインですよね。この時期の店頭は、どこを見ても魅力的なチョコだらけ! 気分も口の中も、自然と「2月はチョコ」モードです。そうなれば、差し入れや手土産もチョコ一択でしょう。