B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

業界50年以上の経験で 建築・耐震すべてお任せ
有限会社三建ホームズ 代表取締役 飯田和彦

 
プロフィール 神奈川県出身。高校卒業後、建築業界に入る。約30年個人事業主として経験を積み、2005年に(有)三建ホームズを創業。2011年頃から入札工事にも参加し、有楽町の東京国際フォーラムや日の出桟橋、品川警察署、上野動物園の動物の小屋などの工事にも携わる。大型公共工事から戸建てまで、業界一筋50年以上のキャリアを活かし、設計・施工・新築・増築・耐震・リフォーム・外構を受付からアフターフォローまでワンストップで対応。【ホームページ
 
 
 
「マグロのように動いていないと死んでしまう。だから休日なく働いても苦はなく、大好きな仕事は楽しい」。そう熱く語るのは、有限会社三建ホームズ代表取締役・飯田和彦氏だ。2021年現在、69歳とは思えぬパワフルさを武器に工事を手がけるとともに、地域の安全・安心を守るため、耐震対策や助成金獲得のアドバイスを行い耐震工事の大切さの周知に尽力。温かい人間力と業界歴50年以上という実力を活かし、地域社会に貢献している。
 
 
 

有名な建築工事に携わってきた実力派

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 内山高志(元ボクシング世界王者)
内山 東京都品川区を拠点に、耐震・リフォーム・新築まで、幅広く建築工事を手がけている三建ホームズさん。私も学生時代は配管工事業を手伝っていたことがあるんですよ。それにしても、いただいた名刺の裏を拝見して驚きました。こんなに多様な専門工事を扱う会社も珍しいですね! これまでどんな現場に携わってきたのでしょうか?
 
飯田 皆さんの知っているような建築ですと、有楽町の東京国際フォーラム、日の出桟橋、品川警察署、上野動物園の動物の小屋などでしょうか。あとは学校や役所、消防署や能力開発機構など、さまざまな現場を経験してきました。
 
内山 大きなところばかりですね!
 
飯田 ほかに、戸建ても新築からリフォームまでトータルで承っていますよ。公共事業は入札による受注で、品川区ですと区営の保育園の傷んだ教室の研磨や、食堂の工事なども手がけましたね。また、戸建てから公共施設・マンション・ビル・商業施設・店舗まで、幅広い建築物を対象に、耐震工事の設計・施行を受付からアフターフォローまでワンストップで対応しています。
 
内山 建築に関することなら、三建ホームズさんに何でもお任せですね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事