B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

効率度外視で納得を追求 土台重視の就活支援
株式会社ビーティーウィズユー 代表取締役 我妻進

 
プロフィール 福島県出身。メガバンク、上場企業での経営企画などを歴任後、人材サービス系の事業に参加し、新卒者採用のサイト制作に携わった。その中で、なかなか就職の決まらない学生でも、潜在的な能力は高いものを持っていると感じ、その就職活動をサポートする仕事のやりがいや楽しさを知る。2013年に(株)ビーティーウィズユーを設立。現在は採用活動を行う企業と就職活動を行う学生の双方をサポートしている。【ホームページ
 
 
 
人生の大きな分岐点である就職活動。就活生をサポートする企業も数多い中、「就活のノウハウなど表面的な情報ばかりを伝えていてはだめだ」と、株式会社ビーティーウィズユーの我妻進代表取締役は言う。では、我妻社長が考える“大切なもの”、そして、そこから見えてきた“トップクラスと呼ばれる人”の違いとは? 元サッカー日本代表の巻誠一郎氏が自らの経験や思いを交えながら、我妻流就職サポートの核心に迫った。
 
 
 

就職活動とは本気と本気のぶつかり合い

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 巻誠一郎(サッカー元日本代表)
 メガバンクで培った経験や幅広い業界の知識を活かして、大学生の就職支援を行う株式会社ビーティーウィズユーさん。本日は就職相談の途中にお邪魔させていただいています。
 
我妻 学生も就職に向けて早くから準備していますからね。先ほど面談していた学生は、IT業界志望の大学3年生なんですよ。
 
 私もサッカースクールの指導で学生と接する機会が多いので、今日の対談を楽しみにしていたんです。我妻社長はなぜこの道に進まれたのですか?
 
我妻 前職で新卒者採用に携わったことがきっかけです。たくさんの学生と会う中で、「就職先が決まる学生も、決まらない学生も、大きな差はない。教える側の教え方、育て方次第」と感じ、思い切って独立しました。
 
 実際に学生と関わることで、この仕事に大きなやりがいを覚えられたわけですね。
 
我妻 はい。就職したい学生と採用したい企業、「本気」でぶつかり合う両者の間に立つことで、私自身、とても楽しくやれています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事