B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

体だけでなく心も整える
常に研鑽を重ねる整体院

 

痛みの原因を探るカウンセリングを重視

 
glay-s1top.jpg
八木 柔道教室も開いておられるということは、上山院長も柔道をしていらしたんですか?
 
上山 はい。小学生の時に柔道を始め、大学を卒業するまで柔道をしていました。私は生まれも育ちもこの丹波市春日町でして、もともと開いていた柔道教室が「春日少年柔道クラブ」という名前だったのと、脳トレや各体操教室も一つにまとめて「春日クラブ」とし、整体院も“春日(かすが)”の“春(ハル)”とクラブを略して“ハルクラ”と名付けたんです。
 
八木 院の名前にはそのような由来があったんですね。上山院長が整体をするうえで心がけているのはどんなことですか。
 
上山 実は高校時代にケガをしてしまい、その時に先輩の柔道整復師の方に施術していただいた経験があるんです。それで、自分も同じようなケガや痛みを抱えた方をケアしてあげたいと思いながら施術をしています。
 
八木 なるほど。ご自身の体験が今に活きているわけですね。
 
上山 はい。そのうえで大事にしているのは、痛みの原因を明らかにして根本的な改善を目指すことです。大抵の場合、痛みの原因は“痛みを感じる部分”にあるのではなく、別のところにあることが多いんですよ。ですから根本から改善するためには、その原因を探り、その部位に対して的確な施術を行う必要があります。
 
八木 その“痛みの原因”を見つけ出すために、上山院長が力を入れていることをぜひ教えてください。
 
glay-s1top.jpg
上山 特に重視しているのが、カウンセリングです。体に痛みが生じるのは、どこかをぶつけたなど、直接的なケガが影響している場合もあります。でも、実際のところその多くは、生活習慣が起因しているんですよ。具体的には、普段の姿勢や歩き方の癖、体に負担がかかる体勢をしていることなどが原因です。そのような状況を理解しないまま施術をしても、一時的に痛みは和らいだとしても根本的な改善には至りません。そこで、施術の前のヒアリングや痛みや不調の理由の説明といった問診に時間をかけているんです。また、ヒアリングすることが「日常生活で注意すること」や「簡単な体操」等のヒントにもなり、そのヒントをもとにそれらを提供しています。
 
八木 じっくりと寄り添いながら話を聞いてくれて、痛みの原因を詳しく説明してくれるとなれば、お客さんも心強いでしょうね。
 
上山 さらに当院では、そのようなカウンセリングを通じて得た情報によって改善効果を最大限に高めるため、マンツーマンのパーソナル施術を完全予約制で行っているんです。お客様一人ひとりが健康でいられるよう、私が持つノウハウのすべてを駆使してサポートを行っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事