B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

礼儀とマナーを忘れない 若さで躍進する塗装会社
株式会社大林建装工業 代表取締役 大林敬太

 
プロフィール  大阪府出身。学生時代は野球に打ち込む。塗装の仕事に就き、経験を積む中で次第にやりがいを感じるように。その後、2013年に一人親方として独立。2016年には(株)大林建装工業として法人化を果たす。顧客の要望を叶えるため、大工などさまざまな職人ともつながりを強化していき、現在は塗装のみならずリフォーム業も手がけている。【ホームページ
 
 
 
住まいをきれいに保ち、長く住み続けるために欠かせない屋根や外壁の塗装。この事業に取り組みながら、トータルリフォームにも進出しているのが大阪府堺市の株式会社大林建装工業だ。代表取締役の大林敬太氏は、礼儀・マナー・挨拶を何よりも重視する若き経営者。スタッフと共に発想した顧客との「交換日記」で要望を的確に把握するなど、ますます施工の質を上げ地域の人たちに喜ばれている。
 
 
 

屋根や外壁は10年ごとの塗り直しがお勧め

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪府堺市に拠点を置き、外壁・屋根の塗装を手がける株式会社大林建装工業さんは、住まいのトータルリフォームも可能ということで興味津々です。大林代表は2020年現在29歳とお聞きしています。とても落ち着いた物腰で大ベテランのような風格がありますね。
 
大林 ありがとうございます。22歳のときに一人親方として独立し、4年前に弊社を設立したんです。
 
八木 お若いうちにさまざまな技術を身に付けて自分の城を構えているのだから見事ですよ。それにしても、近年のように異常気象が続くと住まいの劣化も気になりますよね。
 
大林 最近は暑さと寒さが極端に厳しく、雨もよく降るようになりましたよね。このような天候が続くと住まいの劣化は進みます。やはり、長くても10年ごとに屋根や外壁を塗り直すことを弊社としてはお勧めしたいですね。
 
八木 住まいの劣化を防ぐ塗料も続々と登場しているのでしょうね。
 
大林 はい、塗装業界には暑さ・寒さ・雨などに強い特殊な塗料がどんどん増えています。私たちも決して努力を怠らず、新しい塗料について勉強しながら日々の現場に挑んでいるので、ご不明な点はいつでもお問合せください。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事