B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客目線で寄り添う 高額買取の中古車販売店
AUTOLET'S 代表 前田祐作

 
プロフィール 奈良県出身。父の影響で幼い頃から野球に熱中する。怪我の影響で野球の道を歩むことを断念し、大手自動車部品メーカー系の企業に就職した。数年勤めた後、社長に背中を押され、カーディーラーに転職。20代で店長に就任したほか、県内にある系列4店舗を統括するマネージャーになるなどの実績をつくる。30歳のときに独立を決意し、AUTOLET'Sを開業。顧客目線での高額買取を行っている。【ホームページ
 
 
 
「希望する金額で車を売れない」「目当ての車が高すぎる」など、中古車の売買にはさまざまな問題がつきまとう。こうした悩みに真摯に向き合い、顧客目線でサポートしているのが奈良県天理市のAUTOLET'S(オートレッツ)だ。代表の前田祐作氏は、利益を徹底的に抑え中古車の買取・販売を中心に事業を拡大。数多くの顧客から「すべて任せる」と信頼を寄せられている。委託販売など、注目すべき同社の取り組みに迫ってみた。
 
 
 

憧れの恩師にならい30歳で独立を決意!

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 今日は、奈良県天理市のAUTOLET'Sさんにお邪魔しています。新車・中古車の買取・販売を中心に車検・整備・板金塗装まで幅広い業務を展開中のようですね。特に注目なのは中古車の委託販売です。詳しいことは後ほどじっくりお聞きするとして、まずは前田代表のプロフィールをうかがっていきたいと思います。とてもがっしりしたお体で驚きました。何かスポーツをしていらっしゃったのでしょうか。
 
前田 子どもの頃から野球漬けの毎日でした。もともと私の父は高校球児で、ドラフトでジャイアンツに指名され長嶋茂雄監督がご挨拶のため我が家にいらしたこともあったそうです。結局、父はプロに進まなかったものの、父の血を受け継ぎ野球に夢中になりまして。ただ、大学までプレーしたものの靭帯の怪我が治らず引退し、そのまま学校も中退して自動車業界に飛び込みました。
 
狩野 そうだったのですか。怪我は残念ですが、それをきっかけにこの業界に入ったわけだ。最初のお仕事は、どのようなものだったのでしょう。
 
前田 大手自動車部品メーカー系の企業に就職し、お客様の車にカーナビなどを取り付ける業務を担当しました。そして数年後、恩人に当たる社長から「この会社しか知らないのはよくない。一度は外に出ろ」と言われ、ここ天理市にある小さなカーディーラーに移籍したんです。その店で私は営業として結果を出し、20代で店長に就任しまして。最終的には、県内にある系列4店舗を統括するマネージャーになりました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事