B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

一級建築士が住宅を診断 安心・安全を可視化
ホームインスペクション検査センター/有限会社須藤建築事務所 代表 須藤雅直

 
プロフィール 東京都出身。大工出身の一級建築士だった父の仕事を手伝いながら育つ。大学在学中に宅地建物取引士の資格を取得。卒業後は不動産業界に入り、建築士の勉強も並行して始め建築士となる。約10年勤めて退社し、父が1973年に創業した(有)須藤建築事務所を引き継ぎ、建築設計業兼不動産業としてスタート。ホームインスペクション検査センターとして住宅診断も始め、耐震診断・フラット35/35S適合証明発行にも対応している。【ホームページ
 
 
 
人生100年時代と言われ始めている昨今、日本の住宅業界も様変わりしてきている。建て直しからリフォームへの変貌だ。ホームインスペクション検査センターを運営する有限会社須藤建築事務所の須藤雅直代表は、少子化が続く世相を読み、建築士と住宅診断士の資格を活かして事業の幅を広げることに成功した。自ら現場に出向いて調査する現場主義をモットーとする須藤社長に、まだ認知度の低い同社の業務内容についてうかがった。
 
 
 

一級建築士が住宅診断も行う新ビジネス

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 本日は東京都豊島区南大塚にある、ホームインスペクション検査センターさんにお邪魔しています。須藤代表は、ホームインスペクション検査センターさんを運営している有限会社須藤建築事務所さんの代表も務めておられるとお聞きしました。私の実家も建築関係の仕事をしていまして。でも、ホームインスペクションという業種は聞いたことがありませんでした。とても興味を惹かれましたよ。いろいろとお話を聞けることが楽しみです!
 
須藤 ありがとうございます。建築業界の中でも比較的新しいカテゴリーの職種で、住宅診断を意味します。中古物件・新築に関係なく、第三者として施主様と建築関係者や不動産業者の間に入り、家を診断して報告書を作成し、安心・安全を可視化していく仕事内容です。
 
水野 なるほど。以前に建築耐震に関する手抜き工事が大きな社会問題になりましたね。そういった出来事も経て生まれてきたお仕事ですか?
 
須藤 その通りです。年々建築に関する法律が厳しくなる中、耐震問題などは人の生死にも関わってくるので、慎重な診断が必要になります。私は建築士また住宅診断士でもあり、ホームインスペクションも得意としています。こういった業務体系で運営している会社は、全国的にも非常に珍しいと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事