B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

建設業界の魅力を伝え 職人を憧れの存在に
株式会社優健工業 代表取締役 金城健二

 
プロフィール 東京都出身。高校を卒業後、知人の紹介から、内装工事の会社に就職。技術を身につけ、周囲から必要とされるにつれてやりがいを感じ、天職だと悟った。5年間の修業を経て、一人親方として独立する。さらに5年間、個人事業主で活動した後、法人化。(株)優健工業を設立した。現在は業界の若手不足を危惧し、全国の建設関係の経営者と協力し、若者向けの業界周知活動にも注力する。【ホームページ
 
 
 
「29歳以下の人材は全体の10%に満たない」。建設業界の深刻な若手不足について、そう話すのが株式会社優健工業の金城健二代表取締役だ。業界の新陳代謝を活性化させるには、まず若者の職人に対するイメージを変えることが大事。その考えから、建設業の経営者と大学生との交流会など、さまざまな活動を展開している。閉鎖的であった業界そのものの在り方をも変革したいと使命感に燃える金城社長に、その熱い胸の内を語ってもらった。
 
 
 

店舗や事務所、住宅まであらゆる内装を担当

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 内山高志(元ボクシング世界王者)
内山 内装工事を手がける株式会社優健工業さんにお邪魔しています。外観は倉庫、資材置き場なのに内観は木目調で落ち着きのある空間で驚きました。私は昔、現場で職人をしていたんですよ。普通なら、資材置き場に休憩スペースがある程度ですよね。
 
金城 スタッフやお客様が寛げる空間にしようと、自分たちで大幅にリフォームしたんです。建物自体は古いんですけどね(笑)。
 
内山 こんなに洗練された立派な空間を設けるとは素晴らしいです。仕事では、どんな現場を担当しているのですか?
 
金城 飲食店や、アパレルショップといった商業施設やクリニックなど医療施設に一般住宅、マンション、オフィスなどです。リノベーションやリフォームも手がけています。
 
内山 内装ならどんな建物でも対応可能なんですね。
 
金城 はい。また、本業とは別に近年は、建設業のイメージチェンジや働きがいを若者に伝える周知活動にも注力していますね。
 
内山 本日はそのお話もぜひ詳しく聞かせていただければと思います!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事