B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

本気で取り組むから楽しい 次世代の塗装工事を担う
花山企画株式会社 代表取締役 花山頼生

 
プロフィール 神奈川県出身。16歳から塗装業界に飛び込む。最初の会社で約2年、次の会社で約5年経験を積み、21歳で個人事業主として独立。2018年、花山企画(株)を設立した。戸建てから大型マンションまで、建築塗装工事を中心に防水・下地補修工事、タイル張り替えなどを手がけている。自社内に塗装学校をつくり、これまでの職人経験を集中講座で受講生に教え、時短による職人創出にも力を入れている。【ホームページ
 
 
 
「本気の仕事は何年たっても忘れない」と語る、花山企画株式会社・代表取締役の花山頼生氏。怒るより教えるをモットーに、自分が過去にミスをした現場へ若いスタッフを連れていくこともあるそうだ。“本気”がキーワードの花山社長の生き様は一途で、16歳から塗装業界一筋だという。過去の伝統より新しい挑戦に挑む経営者でもあり、自社の塗装学校は革新的。人材育成・業界変革に燃える花山社長に、その熱い胸の内をうかがった。
 
 
 

16歳から塗装一筋、21歳で独立を果たす

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉井怜(女優)
吉井 神奈川県横浜市を拠点に、建築塗装工事を手がけている花山企画株式会社さん。緑区という立地も便利ですね。花山社長のご出身もこちらですか?
 
花山 はい。生まれも育ちもこの地域で、年齢や世代を問わずに、幼なじみに囲まれながら生活しています。
 
吉井 地元で起業までされて、今の言葉だけでも人間関係を大切にされている花山社長のお人柄が伝わってきます。それでは、これまでの歩みから教えてください。
 
花山 私は16歳のときに、親の紹介を通して地域の塗装会社で働き始めました。最初の会社で2年ほど経験を積みまして。その後、先輩の独立についていき、その会社で約4年働きました。私自身は、21歳から個人事業主として働き始め2019年に法人化したんです。
 
吉井 21歳から社長なんですね! 独立はもともと考えていたのですか?
 
花山 ええ。二度目の転職先の会社の社長には、私が子どもの頃からお世話になっていまして。常に憧れの存在でもあり、自分もいつかはその社長みたいになりたいなと思っていたんです。一本筋が通っている方で、大人数の職人をまとめ、仕事のさばき方などの技量も秀逸なんですよ。
 
吉井 花山社長がお手本にしたい存在が身近にいらして、その方の影響から会社経営の道に入られたわけですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事